連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

きっかけはゆるい好奇心。「誰でも読める点字」の発明家が実践するアイデア発想法

MugendaiMugendai

きっかけはゆるい好奇心。「誰でも読める点字」の発明家が実践するアイデア発想法
Image: Mugendai(無限大)

「アイデアが次々に湧いてくる」なんて一度は言ってみたいセリフですが、その言葉が似合う職業の1つが「発明家」ではないでしょうか。

IBMのWebメディアMugendai(無限大)に、約200年の歴史を覆すかもしれない新しい「点字」を発明した方が登場。「ゆるさ」が鍵の、独特のアイデア発想方法とは。

誰もが読める、まったく新しい点字を考案

インタビューに登場していたのは、サラリーマンと発明家の二足のわらじで活躍する高橋鴻介さん

点字の再発明とでもいうべき「Braille Neue(ブレイルノイエ)」の最大の特徴が、誰もが読めること。

視覚障がい者は点に触れることで、健常者はフォントとして読むことで理解でき、さらには英語(アルファベット)と日本語(カタカナ)に対応しています。

点字は、実は覚えるのがとても難しく、視覚障がい者の方でも扱えるのは1~2割程度だそう。仕事で視覚障がい者と関わった高橋さんはその習得にハードルを感じ、「学びやすい点字をつくれないか」と試行錯誤したそうです。

キーワードは「ゆるさ」。「誰でも読める点字」の発明家が大事にする、アイデア発想法
日本語・英語表記に対応する点字「ブレイルノイエ」
Image: Mugendai(無限大)

それでも「世の中に出そうなんて考えてもいなかった」と言う高橋さんですが、あるイベントにて、視覚障がい者と晴眼者(視覚に障害がない人)がブレイルノイエを通じて仲良く会話をしていた姿を目撃。

ご自身にとって大きな転機になったと語ります。

発明に至った意外な動機は、「社会とゆるくつながること」

点字のアップデートともいえる発明をした高橋さんですが、行動に移したきっかけは2つ。

1つは、視覚障がい者の施設を訪問した際に「点字を習得すれば、暗闇でも読書ができる」と言われたこと。もう1つは、「点字が読めるとカッコいい」と純粋に感じたことだそうで、熱い思いや使命感とは縁遠かったそう。

高橋さんは「肩に力を入れず、等身大の自分のまま、好奇心の赴くままに行動すること」が重要だと語り、考え事をする際は「ゆるく社会的な接点を捉える」ことを心がけているそうです。

アイデアが生まれる瞬間について、インタビューでは以下のように語っています。

僕の中でこだわっている点を挙げるとすれば、「人と人を繋ぐ」仕掛けになる発明の種を見つけたい、という思いはあります。

例えば、ペットボトルのキャップをネジに見立てた発明品「CAPNUT」を思いついたのは、ペットボトルのネジなら、子供からお年寄りまで、誰でも簡単に扱えるかなと考えたからです。

家族だったり、友人同士だったり、年代層問わず屋外で「CAPNUT」を使ってちょっとしたピクニック用品を組み立てて、遊んでほしい。

そういう絵が浮かぶと、発明へのモチベーションが一気に加速します。

キーワードは「ゆるさ」。「誰でも読める点字」の発明家が大事にする、アイデア発想法
ペットボトルキャップを組立用のナットとしてアップサイクルする「CAPNUT」
Image: Mugendai(無限大)

その他にも、リモートワークによる運動不足を解消するアイデアなど、すでにニューノーマル時代に向けた発明を進める高橋さんのインタビューの続きは、Mugendai(無限大)からお楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

渡邊徹則

swiper-button-prev
swiper-button-next