連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhone、iPad、Apple Watchを最新OSにアップデートしましたか?

  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhone、iPad、Apple Watchを最新OSにアップデートしましたか?
Image: Sutterstock

ようやく、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV向けのAppleの最新OSがリリースされました。

もし、アップデートを済ませていないなら、以下の準備をしてから進めてみてください。

iOS 14およびiPadOS 14に更新する前にするべきこと

まず、一番重要なことですが、自分のデバイスで最新OSが作動できるのかどうかをチェックしましょう。

でなければ、この記事の情報は無意味です。以下は、互換性のあるデバイスの一覧表です。

iPhone

  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (第1世代)、iPhone SE (第2世代)、iPod touch (第7世代)

iPad:

  • iPad Pro 12.9-inch (第4世代)、iPad Pro 12.9-inch (第3世代)、iPad Pro 12.9-inch (第2世代)、iPad Pro 12.9-inch (第1世代)
  • iPad Pro 11-inch (第2世代)、iPad Pro 11-inch (第1世代)
  • iPad Pro 10.5-inch
  • iPad Pro 9.7-inch
  • iPad (第8世代)、iPad (第7世代)、iPad (第6世代)、iPad (第5世代)
  • iPad mini (第5世代)、iPad mini 4、iPad Air (第4世代)
  • iPad Air (第3世代)、iPad Air 2

iPhoneやiPadのバックアップを取る

あなたのデバイスがこのリストにあったなら、次のステップはiPhoneまたはiPadのバックアップです。

iPhoneやタブレットがすでにバックアップをiCloudに送っていて、必要になる緊急時まではiCloudに存在しているというのが理想でしょう。

iCloudにバックアップされているかどうか、または最後にバックアップが実行されたのを確認するには、設定アプリからApple IDをタップして、iCloudをタップします。

次に「iCloud Backup(iCloudバックアップ)」が表示されるまで少し下にスクロールします。 iCloudストレージにデバイスのバックアップ用のスペースが1つ(または2つ)あると思うので、バックアップが有効になっているはず。

それをタップすると、最後にデバイスがバックアップした時が「Back Up Now(今すぐバックアップする)」リンクのすぐ下に表示されます:

iOS14image1
Screenshot: David Murphy

別のバックアップを開始するには「今すぐバックアップ」をタップします。iOS 14またはiPadOS 14をインストールする直前がベストです。開始前に、自宅のWi-Fiに接続していることを確認しましょう。

パソコンにバックアップを取る場合

iPhoneまたはiPadをコンピュータに接続して、iTunes経由でバックアップを実行することもできます。お好きなほうを。この方法は 少なくともデータの節約にはなります。

これは、OSのアップデートによって携帯電話やタブレットが動かなくなった場合に役立ちますが、いくつかの追加予防策を講じることもできます。

コンピューターに接続するか、Googleフォトなどの無料サービスにアップロードして、デバイスにある写真と動画をすべてコピーすることを検討しましょう。

失いたくない重要な情報を含むメモなどは、iCloudアカウントにログインして、ほかの場所に(一時的であれ永久であれ)コピーするのがよいでしょう。

iPadのアップデート前にアプリを整理しておいてもいい

ただし、iPadOS 14にアップデートする時、iPadをチェックするのはおすすめです。iPadを何に使っているのか、何に使うかもしれないのか、使うと思うけれど去年iOS13をインストールして以来使ってないとか、いろいろあるでしょう。

iPadの使っていないアプリを整理するのは、OSアップデートに必須ではありません。でも、筆者は、年に1度のアップデートを整理する機会だと思っています。

それによってデバイスは軽くなりますし、このプロセスについては年に1度だけ心配すればいいのですから。

iOS 14またはiPadOS 14のインストール中、新機能についてちょっとリサーチするのも楽しいです。サウンド認識、MACアドレスのスクランブルCarPlayの新しい壁紙スマホとタブレットの新しい壁紙バックタップ美しいウィジェット広告防止トラッキングピクチャインピクチャモードや、新しいデフォルトのWebブラウザーを設定したり、いろいろ盛りだくさんです。

Watch OS7アップデート前にすべきこと

OSを更新する前にApple Watchですべきことはほとんどありませんが、いくつかアドバイスがあります。

まず、バックアップはしておきましょう。 これは別のプロセスではなくiPhoneの通常のバックアップに組み込まれているプロセスです(Apple Watchと同期しているiPhoneです)。

watchOS 7をインストールする前に行ってください。問題が発生した場合に備えてやっておくと、すごく役立ちます。

実際、watchOS 7の更新でおそらく最大の問題は更新そのものでしょう。watchOS 7の前にiOS 14に更新する必要があるため(筆者の考えが正しければ)、時間がかかる場合があります。

アップデートする前にApple Watchが充電されていること、WatchとiPhoneの両方が近くに(そしてWi-Fi接続も)あること、そしてどちらもしばらくの間は使わなくてもよいことを確認しましょう。

今日のアップデートは早朝(太平洋標準時)に入手可能になるともうのですが、アップデートは夜にすることをお勧めします。 寝ている間はiPhoneを使いませんよね。

もし iOSまたはiPadOSのベータ版を使っているなら

おそらく問題にならないと思うのですが、筆者はデバイスのベータプロファイルをアンインストールしてから最終の新しいiOSまたはiPadOSのアップデートをインストールします。

ほかの人たちがアップデートをしている時にまだベータ版に登録したままだと、自分のiPhoneに新しい最終リリースが表示されないということがあるんです。

ですから、ほかの人と同時にAppleのサーバーにアクセスできるのを確認するために、ローンチ日の早い時間にベータプロファイルを削除することにしています。

やりたくなければ必要ではないのですが、最新版がライブになった時にiOSまたはiPadOSの主なアップデートが表示されなかったとしたら、これが理由である可能性があります。

AirPods Proは? Spatial Audio(空間オーディオ)が欲しい!

皆さん、大丈夫、落ち着いてください。AirPods Proのファームウェアの更新を強制できる設定はありません。 多くのステップを踏んでアップデートが入手できるかもですが、それでも作動しないかもしれません。

次の手順に従ってください:

1. AirPodsで音楽またはその他のオーディオコンテンツを少なくとも30秒間聴きます。

2. AirPodsを充電ケースに戻し、蓋を閉じます。

3. Lightningケーブルを使用して、充電ケースを電源に接続します。 30分待ってから、AirPodsがペアリングされているiOSまたはiPadデバイスに再接続します。ファームウェアのバージョンをもう一度確認します。[設定]> [一般]> [バージョン情報]> [AirPods]を選択します。

それでも表示されるバージョンが最新バージョン3A283ではない場合は、これらの手順をも繰り返してください。

処理中、AirPodsケースの蓋は閉じておいてください。開けてしまうとアップデートが中断され、最初からやり直しになります。

これで問題が解決しなくても、AirPods Proを使い続けられます。

最終的にはSpatial Audio(空間オーディオ)、そして、AirPodsProを異なるAppleデバイスでもっと簡単に使えるようになる、さらに便利な「自動切り替え」機能も手に入るでしょう。

あわせて読みたい

iOS14の新機能「App Library」が、iPhoneのアプリ管理を楽にしてくれました!

仕事で大活躍するApple Watchの定番アプリ5選|情報収集や生産性向上に


Image: Shutterstock, David Murphy

Source: Apple 1, 2, Google Photo, Gizmodo

David Murphy - Lifehacker US[原文

訳:ぬえよしこ

swiper-button-prev
swiper-button-next