連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

1000円台からでサイズ展開が多い除湿・防臭マットはベッド以外でも使える

  • カテゴリー:
  • TOOL
1000円台からでサイズ展開が多い除湿・防臭マットはベッド以外でも使える
Image: Amazon.co.jp

少しずつ秋らしくなってきましたが、まだまだ湿度が高くて寝苦しい日もあります。

エアコンを使う手もありますが、寒暖の差が大きい今の季節だと、冷えすぎてしまうことも。

そこで、COTTON DREAMの「除湿シート」はいかがでしょうか。

Image: Amazon.co.jp

「シリカゲル」は、お菓子や乾物が湿気るのを防ぐために同梱されていることでお馴染みですよね。

除湿シート」は、そんなシリカゲルを練りこんだ生地で作られているとのこと。

敷布団やベッドパッドの下に敷いておくだけで、布団やベッドの中にこもる湿気をグングン吸いとってくれるのだとか。

面積が広いので、高い吸収力を期待できそうです。

Image: Amazon.co.jp

さらに、備長炭の働きで消臭効果もあるそうですよ。

寝具がジメジメしているとダニやカビが発生しやすくなるので、しっかり除湿して清潔さをキープしたいですね。

洗濯機で洗えて繰り返し使える

除湿シート」は、湿気を吸水すればするほど色が青からピンクに変わる「吸湿センサー」がついており、センサーがピンク色に変わったら、天日干しの合図とのことです。

また、吸湿力は干せば戻るそうですから、何度も繰り返し使えますよ。

それに、洗濯機で丸洗いできるとのことで、定期的に洗って干せば一石二鳥ですね。

Image: Amazon.co.jp

しかも、「除湿シート」のサイズは、布団や普通のベッドで使える90×180cm(シングルベッド)をはじめ、110×180cm(セミダブルベッド)や130×180cm(ダブルベッド)といった大きなサイズもあります。

さらに、小さめサイズの90×90cmもあり、敷物の下に敷いたり、そのまま敷物として使用したりできそうです。

多様に使える

Image: Amazon.co.jp

除湿シート」は寝具の下に敷くだけでなく、さまざまな活用が可能。

たとえば、湿気の溜まりやすい押入れの一番下敷いておくのも手です。また、冬場に結露しやすいお部屋があれば、カーペットがわりに床に敷いて使うのはいかがでしょうか。

除湿シート」はシングルサイズで1000円台という価格のうえ、2年間の品質保証つきでコスパの良さも魅力です。通年使えますし、手軽に生活の快適度をアップしてくれそうですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。



あわせて読みたい

エアコンに引っ掛ける伸縮ハンガー。部屋干しの場所ができ、効率的に洗濯物が乾かせる

炭の力で梅雨の季節もカラッと脱臭。生ゴミや靴のニオイを吸い取るペーパー3選

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

メディアジーンメディアコマース

swiper-button-prev
swiper-button-next