連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Meetアプリがアップデート。ますます使いやすく、馴染みあるデザインに

  • カテゴリー:
  • TOOL
Google Meetアプリがアップデート。ますます使いやすく、馴染みあるデザインに
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

Googleは、Android版・iOS版の「Google Meet」アプリのインターフェースを大きく変更しました。

G Suite Updates」で発表されたアップデートの内容は、Gmailアプリ内でGoogle Meetを使ったことがあるユーザーには、Google Meetアプリのインターフェースがより馴染みのあるものになるというものです。

Google Meetアプリはどう変わるの?

大きなアップデートといっても、Googleにとっては当然のようなものです。

基本的には、Gmailアプリ内のGoogle Meetアプリのインターフェースを拝借しているので、これまでGmail内で使ったことのあるユーザーにはとても馴染みのある、安心感のあるデザインになっているはずです。

以前のアプリから大幅に変更になったインターフェースだけでなく、画面上部に便利な「新しい会議」ボタンも追加されました。

Google Meetの画面
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

この新しく追加されたボタンをタップすると、3つのオプションが表示されます。

まずは、他の参加者と共有するための、会議参加用の情報の取得です。次は、会議をすぐに始めることができます。最後は、Googleカレンダーで新しい会議のスケジュールを設定できます。

全体的に見て、このようなモバイル版のGoogle Meetアプリの変更は確かな進歩と言えるでしょう。自宅からリモートで仕事をしている人が、同僚や家族、友だちと集まるのに役に立ちます。

Google Meetアプリの変更はいつ反映されるの?

この新しいアップデートは、iOSユーザーにはすでに展開されているので、App Storeに行けば、アップデートと表示されているはずです。

何らかの理由でアップデートができない場合は、近日中にまたApp Storeに戻って、バージョン45以降にアップデートできるかチェックしてみてください。

Androidの場合は、アップデートの展開がもう少し遅いです。Googleは、Android版の最新のGoogle Meetがいつ入手できるか、具体的な時期を明言していません。

Android版のアップデートは「近日中」とだけ発表しており、「ユーザーはAndroid版のアップデートが始まる時期は、この記事の更新を確認してください」と言っています。

あわせて読みたい

Web会議アプリ「Google Meet」の使い方と手順|個人向けに無料開放中

「Google Meet」で使える拡張機能5選|Web会議の生産性アップ間違いなし!

GmailのインターフェースからGoogle Meetのアイコンを削除する方法


Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

Source: G Suite Updates Blog

Original Article: Google Updates the Look and Feel of Meet Mobile Apps by MakeUseOf

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next