連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

長時間のWeb会議もOK! ワイヤレスイヤホン「AIRLOOP」

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
長時間のWeb会議もOK! ワイヤレスイヤホン「AIRLOOP」
Photo: 島津健吾

自宅で仕事をする時間が増えたことで、長時間のWeb会議をしたり、音楽を聴いたり、ランニングをしたりetc. さまざまな状況に対応できる、万能型のイヤホンを探すようになりました。中でも重要なのは、バッテリー容量です。長時間のWeb会議に耐えられる、イヤホンの必要性を感じています。

こうした要望に応じてくれたのが、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の3in1TWSイヤホン「AIRLOOP。今回は実際にレンタルしてわかった魅力をご紹介します。

カナル型のワイヤレスイヤホン

5B4D249C-E2CF-4ED1-927B-8541C4287AAB
Photo: 島津健吾

筒状のケースに入った「AIRLOOP」。耳の奥にフィットするカナル型で、激しい運動をしても外れにくくなっています。ケースは筒状で、スライドすることで中のイヤホンを取り出すことが可能。最大の特長は、バッテリーライフでしょう。なんと、10時間も連続再生に対応しています。これだけあれば、1日通して充電は不要ですよね。長時間のWeb会議でも、安心です!

AFC982EE-B132-42A4-8855-ABBD03B2C3F3
Photo: 島津健吾

使ってみて驚かされたのが、左右それぞれのイヤホンを、別の端末にBluetooth接続できること。左耳側だけ別の人に貸して、自分は右耳側を使うことも可能です。もちろん、SiriやGoogle Assistantに対応しており、イヤホンの電源ボタンを3回押すだけで起動できます。また、耳からイヤホンを外すと、自動で音楽再生がストップします。

スポーツバンドとネックバンドであらゆるシーンに対応

600C759D-DD6E-432A-A08D-F88BEB921A73
Photo: 島津健吾

ここまでの機能だと、そこまで画期的なイヤホンではないかもしれません。しかし、実際すごいのはここから。「AIRLOOP」には、2つのバンドがついています。1つは、スポーツバンド。ワイヤレスイヤホンをバンドでつないで、首にかけておけるというものです。

detail_10265_15897769195366
Image: RUTAWA JAPAN INC

たとえば、ランニング中や仕事中に、外したイヤホンをポケットに入れておきたくないとき。首掛けにできるのは便利ですよね。

C5A67CDD-D4AE-4573-B735-F51BE8D1760A
Photo: 島津健吾

続いてご紹介するのがネックバンド。これがすごいんです!

イヤホンの左右には、接続するコネクターがあり、磁石でカチッと接続。

3D25339F-4368-4F0B-B806-7083091E6F35
Photo: 島津健吾

すると、ネックバンドを装着できます! こちらのバンドはバッテリーを内蔵しているため、最大22時間の連続使用が可能に。Web会議中にイヤホン本体のバッテリーが切れてしまったとしても、ネックバンドを装着すればそのまま会議を続行できます。

ワイヤレスイヤホンは、バッテリー容量が弱点の場合もありますが、ネックバンドの取り付けで弱みを克服。これで心配なく、毎日使い倒せるでしょう。

音質は良くも悪くも普通

5EF43504-C1C1-4BDF-B3B7-12EDD8B428A1
Photo: 島津健吾

6mmの大型ドライバを採用。aptXコーデックで高音質を実現していますが、音質はめちゃくちゃ優れている…というわけではなく、良くも悪くも普通の印象でした。音質にこだわるというよりは、長いバッテリーのワイヤレスイヤホンを探している方におすすめです!

machi-yaでは、一般販売予定価格24,800円から約33%OFFの16,610円(消費税・送料込み)から支援が可能です。続々と支援が集まっている「AIRLOOP」、リモートワーカーは要注目です。

>>最大22時間の連続再生を実現!3in1TWSイヤホン AIRLOOP

Photo: 島津健吾

Image: RUTAWA JAPAN INC

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next