連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 10のバグでSSDの寿命が縮まる可能性。対応策は?

  • カテゴリー:
  • TOOL
Windows 10のバグでSSDの寿命が縮まる可能性。対応策は?
Photo: Casezy Idea (Shutterstock)

Windows 10は直近のアップデートにより、ハードドライブの自動最適化プロセスを必要以上に頻繁に実行しているようです。

最適化はハードドライブを最適な状態に維持するために必要であり、WindowsがSSDでTRIMコマンドを実行しても問題はありませんが、ハードドライブの過度なデフラグは一般的に不要であり、何度も繰り返しているとSSDの寿命を縮める可能性があります。

Windows 10のバグでSSDの寿命が縮まる可能性

簡単に言えば、ドライブをデフラグ(最適化)すると、より効率的にローディングできるようにデータの配置が変わります。

しかし、ドライブをデフラグするには、ドライブの中身を大幅に書き換える必要があり、SSDがデータを保存する微細セルは、データの読み込みや書き込みが行われるたびに弱化するので、デフラグを繰り返すと、SSDの消耗が早くなる可能性があります。

SSDのデフラグは多くても月に1度にしておくことを提唱する専門家が大勢いますが、それ以上に多くの専門家がSSDのデフラグは一切しない方が良いとしています。

しかし、Windows 10 バージョン 2004を実行しているPCは、リブートすることも含めてSSDが接続されるたびに、自動でデフラグを実行します

SSDが完全に消耗するには長い時間がかかりますが、そこまで頻繁にデフラグが行なわれると、やはり害があります。

Microsoftはこの問題を認識しており、修正パッチを発行する予定ですが、当面は、Windows 10の設定で自動デフラグ・ツールをオフにすれば、不要な書き換えを防ぐことができます。

Windows 10の設定で自動デフラグ・ツールをオフにするには

Windows 10の設定で自動デフラグ・ツールをオフにする方法
Screenshot: Brendan Hesse
  1. Windows 10の検索バーに「デフラグ」とタイプする。
  2. 検索結果から「ドライブのデフラグと最適化」をクリックして、「ドライブの最適化」を開く。
  3. スケジュールされた最適化」の中にある「設定の変更」をクリックする(「オン」しか選択肢が無い場合は、既に自動デフラグは無効になっています)。
  4. スケジュールに従って実行する」からチェックをはずす。
  5. OK」をクリックしてから「閉じる」をクリックする。

「状態」のリストからドライブをクリックして「最適化」を選択すれば、デフラグのプロセスを手動で実行できます。

あわせて読みたい

Windowsのセキュリティパッチがリリース。120の不具合に対応

MicrosoftがInternet Explorerのサポート終了へ。移行準備をお忘れなく

Photo: Casezy Idea (Shutterstock)

Screenshot: Brendan Hesse

Brendan Hesse – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next