連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

電子レンジ×トマトの簡単レシピ。余ったトマトの消費に困ったらこれ

電子レンジ×トマトの簡単レシピ。余ったトマトの消費に困ったらこれ
Image: ninikas/Shutterstock.com

夏のトマトを保存する方法はたくさんありますが、私は、じっくりとローストするのが一番好きかもしれません。

時間が取れるときにまとめてたくさんつくっておけば、旨味がギュッと濃縮された甘くてジューシーなトマトを存分に楽しめるでしょう。ローストトマトには、旬のトマトの良いところがすべて詰まっています。

でも残念ながら、こうした至福の味のトマトを食べるには、オーブンで少なくとも3時間ローストする必要があります。

今は暑い季節なので、多くの人は今すぐに取り掛かるのは無理だと思います(そして少なくともあと1カ月は、無理なままでしょう)。

そこで大いに役に立ってくれるのが、何の変哲もない電子レンジです。

電子レンジで簡単に本格的な一品を!

電子レンジで15分ほど加熱するだけで、オーブンで数時間加熱するのと同じ結果が得られるのです。

また、電子レンジなら、部屋の中が焼けるような暑さになってしまうこともありません。

電子レンジでトマトをローストするのに、特別なものは必要ありません。まとめてつくるのも、少量つくるのも、材料は以下の物だけです。

材料

  • 電子レンジでも使える浅い耐熱皿(縁のあるディナープレートでも上手にできました)
  • 新鮮な完熟トマト
  • 塩、胡椒
  • フレッシュハーブ、ローリエ、お好みでニンニク数片(薄皮はそのままで)
  • オリーブオイル

作り方

1. ミニトマトなら半分に、大きいトマトなら4つに切り、切った面を上にして耐熱皿に並べていきます。

加熱すると縮むので、ぴっちり隙間のないように並べること。均等に火が通るよう、重ならないように注意しましょう。

2. 耐熱皿いっぱいにトマトを並べたら、塩・胡椒をたっぷり振りかけます。

3. トマトの隙間にハーブやニンニク片を詰めたら、トマトが半分漬かるくらいまでオリーブオイルを注ぎます。トマトの切断面はオイルに漬からない状態です。

4. 600Wの電子レンジで15分ほど、1~2分ごとに確認しながら加熱します。

*電子レンジのレシピはどれもそうですが、実際の調理時間は電子レンジの機種のほか、トマトの大きさや量によって変わってきます。10分加熱して十分であれば完成です。15分でも足りないようなら、さらに加熱してください。

5. お好みの状態に火が通ったら、トマトを完全に冷ましてから保存容器に移します。旨味の染み出たオイルも、もちろん残さず一緒に保存してください。必要に応じて、家にあるトマトがなくなるまでこの過程を繰り返しましょう。


このおいしいローストトマトのオイル漬けは、冷蔵庫で少なくとも1カ月はもちます。冷凍庫ならさらに長持ちします。こうしておけば、夏の旬の味をずっと楽しめますよ。

あわせて読みたい

トマトは冷凍保存がおすすめ、解凍すると簡単に皮がむけます!

ミニトマトは常備すべき逸材食品。栄養価以外にも嬉しいメリットがたくさん

その手があった! 余ったトマト缶やスープ缶の冷凍保存テク


Image: ninikas/Shutterstock.com

A.A. Newton - Lifehacker US[原文

訳:浅野美抄子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next