連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

録音の信頼度が高い! 超薄型レコーダー「TileRec」で録音したみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
録音の信頼度が高い! 超薄型レコーダー「TileRec」で録音したみた
Photo: 島津健吾

会議や打ち合わせの記録として、レコーダーで録音をすることってありますよね。最近はスマホも進化して十分音を拾うようになってきましたが、レコーダーと比べると性能は劣るところがあります。

私は以前仕事でスマホを使って録音しましたが、途中で止まっていた経験があります…。いや〜、怖い怖い。こうした問題が起こるたびに、レコーダーの偉大さを思い出すわけですが、実際問題、どのレコーダーを使えばいいの?という話になります。

現在姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディングを実施中の超薄型レコーダー「TileRec」は、薄くて、尚且つ360度の音をバランスよく録音するレコーダーです。今回は、実物をレンタルして使ってみました!

とにかく薄いレコーダー

FE898322-F559-411A-B559-120A86909C61
Photo: 島津健吾

一般的なレコーダーといえば、長方形で手のひらサイズのものをイメージしますよね。「TileRec」は、幅4cmの超小型サイズで、見た目はまるでプレイステーション2のメモリーカードのよう。

インターフェースは、microUSBとイヤホンジャック。microUSBを使って、充電をしたり、音源をスマホやパソコンに移動させます。

あとは、スイッチがあるだけ。一度録音した音源は「TileRec」では再生できません。

実際に録音してみると…

97572251-4EE2-4FCC-B6CB-04954D9C99F0
Photo: 島津健吾

連続録音時間は、30時間。一度の会議や取材では十分すぎるほど余裕があります。1日に何度も録音をしたいという人にもおすすめです。スマホはバッテリーが心配でもあるので、余裕を持って録音したい人はレコーダーを使いましょう。

今回は、3人の会議で使ってみました。360度バランスよく録音できるということだったので、それぞれ「TileRec」から1mほど離れて、円形に囲みました。録音した音を聞いてみると、かなりクリアに聞こえてびっくり。というのも、雑音を心配していたからです。全員の声がしっかりと入っていたのはもちろん、外のバイクや車の走行音は録音されていませんでした。雑音が極力入らないというのは、とても重要ですね!

ちなみに、5m以上離れた場所で会話した声も少し音は小さいですが、しっかりとひろっていました。音への感度はなかなか良さそうな印象です!

音源をPCヘの転送も簡単

8D8AF074-26DB-43D9-80F8-5F8E7935474D
Photo: 島津健吾

音源は、パソコンにつないでチェックします。フォーマットは、mp3でした。「TileRec」にはスピーカーがついていないため、その場で聞けないのがちょっと難点。でも、録音した音をすぐに聞くことってほとんどないですから、この辺はあまり気にならないかなと。それ以上に、薄くて扱いやすいことが「TileRec」の魅力です!

スマホでの録音はもう卒業しよう

E360723A-FA58-4AF6-8831-9A3E3F65EA72
Photo: 島津健吾

「TileRec」は現在machi-yaでクラウドファンディングを実施中。先着200名に限り、通常価格17,600円のところ、15%OFFの14,960円(消費税・送料込み)で支援が可能です。

荷物が多くなることを懸念している人も「TileRec」のサイズ感なら心配ありません。スマホでいつも録音している人は、一度レコーダーを検討してみてはいかがでしょうか?

>>360度をバランスよく自動録音。超薄型レコーダー

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next