連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

研究結果でわかった、性格を変える方法! 必要なのはスマホとリマインダーのみ

研究結果でわかった、性格を変える方法! 必要なのはスマホとリマインダーのみ
Image: Getty Images

性格を変えられたらいいのに」と思ったことはありませんか?

最近の研究によると、性格は変えられるようです。そして性格は、みなさんが思うよりずっと短期間に、ずっと簡単に変えられます。

チューリッヒ大学の最近の研究で、もう少し自制心の強い性格になりたいと思っていた人たちが、スマホから1日2回のリマインダーを受け取ることにより、わずか2週間でなりたい性格になれたことがわかりました。

また、同じやり方が、新しい経験に対してもっとオープンな性格になりたいと思っていた人たちにも有効なことがわかりました。

この研究結果を活用すれば、誰でも性格や習慣を変えることができます。

性格は特性を組み合わせたもの

これまでにも研究者の間では、性格が一生変わらないものではないことは知られていた、と心理学者で作家、性格の専門家でもあるBenjamin Hardy氏が、Psychology Todayで説明しています。

Hardy氏は、「性格はタイプというよりは、さまざまな特性をどのくらいの度合いで持っているかで考えたほうがよい」と言っています。

たとえば、「外向性がこれくらい」「協調性はこれくらい」といった感じです。

こうした特性の度合いは、経験や時間の経過によって変化していきます。

また、Hardy氏は、性格は学ぶことができるスキルであるとも言っています。

同氏の考えは、性格というものについて一般的に考えられていることとは大きく異なりますが、最近行われた研究は、Hardy氏の考えが正しいことを強く示唆しています。

この研究では、学生とフルタイムで働く人たちの合計255人の被験者を、自分がなりたいと思う性格に基づいて2つのグループに別けて実験を行いました。

研究者らは、一般にそうなりたいと思われることが多い2つの性格を選びました。より自制心のある性格と、新しい経験に対してよりオープンな性格です。

両グループとも、被験者に対し、モバイルコーチングアプリから毎日2通のテキストメッセージが自動で送られました。

朝に送られる1通目のメッセージには、被験者が自ら設定したその日の目標が書かれています。たとえば、「ジムへ行く」「新しいレシピに挑戦する」などの目標です。

また、この朝のメッセージには、励ましの言葉や、本人が目標をどのくらい達成してきたかも記されます。

夜に送られる2通目のメッセージには、その日の目標を達成したかを尋ねる短いアンケートが添付され、被験者が回答を入力することになっていました。

2週間後、性格が変わっていた

2週間後、被験者たちの性格は変わっていました。

被験者に自己評価してもらったところ、より自制心のある性格になりたいと思っていた人は、より自制心のある性格に、新しい経験に対してよりオープンな性格になりたいと思っていた人は、よりオープンな性格になっていました。

さらに、被験者を知る3人の知人に対し、2週間の実験期間の前と後に、被験者の性格についてアンケートを行いました。

この「オブザーバー」たちは、友人やパートナーが、今回の性格に関する実験に参加することは知っていましたが、被験者がどんな性格に変わりたいと思っていたかは知らされていませんでした。

にもかかわらず、2週間後、オブザーバーたちは、被験者本人と同じ変化に気づきました。

つまり、自制心を高めたいと思っていた被験者は、より自制心が高まり、よりオープンになりたいと思っていた被験者は、よりオープンになっていると答えたのです。

実験が終わった6週間後にもう一度聞き取り調査をしたところ、被験者らの性格に起きた変化が継続していることがわかりました。

リマインダーの設定は今から始められる

今後、性格を変える力について、さらなる研究が続くことが期待されます。

現時点ではっきりしていることは、行動は変えられる、性格さえも変えられるということです。

そのためには、望む変化に向かって、目的意識を持って日々行動する必要があります。そして、毎日、自分がどうなりたいのかを思い出し、自分で設定した目標をクリアできたかを確認する作業も必要です。

この作業は、あなた自身でできることです。

友人と協力し合えばなお良いでしょう。

特別な実験に参加する必要も、コーチングアプリをインストールする必要もありません。変わりたいと望めば、いつからでも始めることができます。もちろん、たった今からでも。

あわせて読みたい

性格は、変えるのではなく「追加する」もの

自分で思っているより、あなたは頭が良いことを示す13のサイン


Image: Getty Images

Source: Psychology Today,

Originally published by Inc. [原文

Copyright © 2020 Mansueto Ventures LLC.

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next