連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ゲーミングモデルってありかも。低遅延&サラウンド強化できる完全ワイヤレスイヤホンを使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
ゲーミングモデルってありかも。低遅延&サラウンド強化できる完全ワイヤレスイヤホンを使ってみた
Photo: Junya Masuda

ゲーミングモデルは普段使いにもメリットあり?

ワイヤレスイヤホンが定着し、デザインや機能での差別化も進みつつある中で、スマホゲームもより楽しめるモデルが増えてきました。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「TRUE GAMING」もそのひとつで、低遅延や独自のサラウンド強化モードが特徴となっています。

今回、サンプルを試す機会があったので感想をお届けしたいと思います。


定番カナル型で使いやすい

DSCF8596
Photo: Junya Masuda

「TRUE GAMING」は北欧スウェーデン発の新鋭オーディオブランド「defunc」の最新モデルで、完全ワイヤレスタイプ。

形状はAirPodsを源流とする、ステムが伸びた通称うどん型となっています。AirPodsが出た頃は揶揄もされましたが、今や定番デザインで多くのメーカーからこの形状が出ていますよね。

DSCF8601
Photo: Junya Masuda

イヤーピースはシリコン系素材でS〜Lまで3種類が付属。多くの方は付属品で快適に利用できると思います。

ただ、カナル型はイヤーピースが合うか合わないかで大きく視聴体験が変わるため、お気に入りのものが決まっているのであればそれを利用した方がベターでしょう。

DSCF8612
Photo: Junya Masuda

ケースもコンパクトで邪魔になるサイズ感ではないと思います。

名称未設定-1
Photo: Junya Masuda

収納時はマグネットでカチっとはまってくれるのが気持ちいいですね。


普段使いできるゲーミングモデル

DSCF8608
Photo: Junya Masuda

気になる音質については、低音から高音までバランスが良いものでしたが、強いて言えば少しだけ高音域が強めな印象。

ボーカルもしっかり聴こえつつ、ドラムのハイハットやギターなどのストリングス系の音が気持ち良い感じでしたが、そっち系の音が苦手な方には少し刺さり気味に聞こえるかもしれません。

DSCF8606
Photo: Junya Masuda

ゲーミングモード時はステム下部のLEDが点灯し、状態確認ができます。

ゲーミングモデルは光るのがジャスティス!という方もいらっしゃるかと思いますが、LEDの使い方も派手すぎない点が北欧ブランドっぽいなと思いました。

DSCF8614
Photo: Junya Masuda

実際にFPSゲームでゲーミングモードをトライ。

サラウンド強化については、簡単に言えば「空間が広がる」感じです。通常モードがカラオケボックスで聴いているとすれば、ゲーミングモード時はホールで聴いている感じになり、残響感と空間の感じ方が変わります。

一方で空間の広がり感によって音圧は少し下がるため、ゲーミングモードにして物足りない場合はボリュームを1段階上げるといい感じになりました。

ちなみに、音楽を聞く時でもボーカルが沈んだりといった不自然さのないチューニングなので、音の広がりが好きな方は常時ゲーミングモードという使い方もアリだと思います。


8593
Photo: Junya Masuda

遅延に関してはコンマ数秒の世界なので、明確な差を提示するのは難しいのですが、ゲームモードにすると通常モードに比べ、遅延レベルが25%〜約半分ぐらいには感じられました。

このあたりは環境や利用するアプリ・ゲームによっても感じ方は違うので、モードや音量の切り替えで好みのサウンドを探求してみるのも楽しそうですね。


タッチ操作は若干難しいかも

DSCF8610
Photo: Junya Masuda

コントロールはすべてタッチセンサーにて行い、1〜3回のタップでボリューム上下やゲームモード起動などを行います。

あくまでサンプルにおいてですが、ダブルタップやトリプルタップの操作が少し難しかったです。このあたりは慣れれば特に問題はないと思いますが、感度の調整など製品版での改善に期待したいところですね。


スマホゲームにもオススメな低遅延&サラウンドモードを搭載の「TRUE GAMING」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーンを実施中。

価格は数量限定ながら、執筆時点では9,220円(送料込)からオーダー可能でした。音質や機能からするとコスパもまずまずなので、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください。

>> 低遅延と360度サラウンドでゲームが楽しめる「TRUE GAMING」

Photo: Junya Masuda

Source: machi-ya

Hideaki Yamamura

swiper-button-prev
swiper-button-next