連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

5秒でセット完了。ワンアクションで開閉できるサンシェード【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
5秒でセット完了。ワンアクションで開閉できるサンシェード【今日のライフハックツール】
Image: STSTSAA

真夏の炎天下、屋根がない場所に停めた車の中がどうなるかは、皆さんよくご存知のとおり。

JAFの実験によると、条件によっては車内温度が55度を超えてしまい、直射日光が当たるダッシュボード上にスマホを置いておいたら、熱で壊れてしまったとのこと。

フロントガラスを全面カバーするサンシェードを使った場合に、ダッシュボード上のスマホがどうなるかは実験されていないようですが、同条件下で車内温度を約45度に抑えることはできたようですね。

Foldable Car Sun Umbrella』は、そんなサンシェードの一種ですが、他にはない特徴があるユニークなアイテムです。

ワンアクションで開く。畳んでもコンパクト

200730_FoldableCarSunUmbrella_01
Image: STSTSAA

その名のとおり、傘のような骨組みが採用されていて、開くときも畳むときも、ワンアクションでOKなんですね。

サンシェードが遮熱対策に有効だと分かっていながら、ついつい面倒で使わない時があるという人も、上のGIF画像を見ていただいたとおり、要チェックの簡単さですよ。

急いでいるときはもちろん、毎回のルーティーンとして定着するかどうかは、手軽さに懸かっていますからね。

200730_FoldableCarSunUmbrella_02
Image: STSTSAA

畳んだ時のコンパクトさも、一般的なサンシェードとは一線を画しています。

少し大ぶりな折りたたみ傘くらいなので、一般的な車種ならドアポケットに入れておける様子。

これなら、わざわざトランクやリアシート下まで取りに行かなくても、手を伸ばすだけですぐにセットできますよね。

200730_FoldableCarSunUmbrella_03
Image: STSTSAA

持ち手にはガラスブレーカーの機能もありますので、イザという時の緊急脱出にも役立ちそう。

手の届く範囲に置いておけるメリットが、ここでも活かせますよ。

サイズは、LARGEとSMALLの2サイズがラインナップされていて、それぞれ約145 x 79cmと、約125 x 85cmとなっています。

事前にフロントウィンドウのサイズを測って、適正な方を選びましょう。

価格は、LARGEが14.9ドル(約1600円)、SMALLが12.9ドル(約1400円)で、日本への送料は4.99ドル(約500円)と、なかなかのお買い得感。

気になる人は、とりあえず購入しておいて損はなさそうですよ。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせて読みたい

飲料ボトルを床や地面に置きたくない!アウトドアでも重宝する便利グッズ【今日のライフハックツール】

4000枚の写真を2日で整理。富士通のコンパクトスキャナーを買ってよかった理由【今日のライフハックツール】

指先のジェスチャーでPCやスマホを操作できるデバイス【今日のライフハックツール】

Image: STSTSAA

Source: STSTSAA, JAF

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next