連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

車のダッシュボードにスマホホルダーの固定も便利。キレイに剥がせる強力両面テープ

  • カテゴリー:
  • TOOL
車のダッシュボードにスマホホルダーの固定も便利。キレイに剥がせる強力両面テープ
Image: Amazon.co.jp

一昔前なら、「テープを使ったDIYはダメな施工の見本」なんて言われたものです。

でも最近は、強力な貼付力と耐久力を持ったテープの登場により、テープを使った方が上手く施工できる場合もあります。DIYに革命をもたらしたと言っても過言ではないでしょう。

付箋紙「ポストイット」でおなじみ、3Mの「Scotch ® 取り外せる 超強力両面テープ(ダッシュボード用)」も、そんな新時代DIYテープのひとつ。

夏場の暑い車内でも、しっかりと接着可能」のうえ、「後から取り外せる」とアピールされており、スマホホルダーや小物を固定するのに最適なのだとか。車ユーザー要注目のアイテムです。

夏場の高温も安心。ダッシュボードに小物を固定しておけるテープ

Image: Amazon.co.jp

驚きの特徴は、使用温度の範囲がマイナス20度~プラス90度と非常に広いところ。

猛暑日のダッシュボードは、JAFによるテストによると、最高79度まで上がった例があるようですが、さらに10度ほど余裕のある設定になっています。

屋外駐車しておいた車のドアを開けたら、熱で溶けてネチャネチャになった糊を残してスマホホルダーが床に落ちていた、なんてことは起こらなそう。

スッキリ取り外せて糊が残らない

Image: Amazon.co.jp

姉妹品はいろいろありますが、今回ご紹介しているあとから取り外せるタイプ(品番 KCD-15SCD-15)なら、キレイに取り外せるというのも見逃せません。

長期間パーツを貼り付けていた場合、日焼け残りはできるかもしれませんが、固定するためのビスをねじ込んでいた穴が残るよりは全然アリですよね。

剥がしたいときは、まず付属のツールを使って両面テープを分断させ、ダッシュボードに残ったテープの端を持ち上げたら、その端を持って貼付け面に沿って引っ張ると、テープを除去できるとのこと。

ちなみに、私が同3M製の他製品で試した経験上、この付属ツールはデンタルフロスで代用できる可能性もあると思いますので、ツールを無くしてしまった場合はご参考に。

3mタイプがオススメ

Image: Amazon.co.jp

長さは、1mのタイプもラインナップされていますが、金額が大きく変わらないので、3mのタイプを買っておけばお得ですね。

最近では、マップデータの更新に費用がかかるコンソール埋め込み型のナビをやめて、スマホのナビ機能を活用している人も増えているようですし、後づけのドライブレコーダーを設置することも多いと思います。

もしも、それらのパーツを固定するホルダーやステーに付属している両面テープが信用できないときは、「Scotch ® 取り外せる 超強力両面テープ(ダッシュボード用)」を使ってみてはいかがでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

あわせて読みたい

拭くだけで色あせた車のダッシュボードが復活。ホコリがつきにくくもなり、3カ月効果が続く

駐車中の温度上昇対策に。ドラレコの邪魔をせずに簡単設置できる「遮光マジカルシェード」

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp, JAF

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next