連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

これが世界基準のミニマルウォレット。必需品を余さず収納な「EDC Wallet 2.0」

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
これが世界基準のミニマルウォレット。必需品を余さず収納な「EDC Wallet 2.0」
Photo: 島津健吾

キャッシュレス化が進むにつれて、注目を集めているミニマル財布。コンパクト&持ち運びやすい一方で、容量が小さく、コインや鍵が入らなくて困ることもありがちです。

現在、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の「EDC Wallet 2.0」は、コインやお札、カード、鍵に至るまで必要なものをすべて持ち運べる品。実物を使ってわかった特長をご紹介します。

コインポケットは磁石式。枚数はどれくらい?

DSC03202
Photo: 島津健吾

「EDC Wallet 2.0」は、長財布と比べると圧倒的に小さいところが魅力的。一般的なスマートフォンよりも小さく、持ち運びのストレスがほぼありません。スーツの胸ポケットに入れても、気にならないレベルです。

DSC03195
Photo: 島津健吾

先にお伝えしたとおり、コイン、お札、カード、鍵すべてを持ち運び可能。コインに至っては、マグネット式のポケットに入れられます。ただし、たくさん入れすぎると蓋が閉まらなくなる点にはご注意を。大体5〜8枚程度が上限かもしれません。

コインを多く持ち歩きたい人は、別にコインケースを用意しておくといいでしょう。逆に、キャッシュレス決済を優先している人にとっては、念のための小銭を持ち歩くには十分なスペースです。

簡単にカードを取り出し

DSC03194
Photo: 島津健吾

カードはゴムバンドで留める仕様でした。小さな財布によくあるタイプの仕組みですね。注目は、カードを引き出せるプルタブ。これがあると、カードが取り出しやすくて助かるんですよね。

鍵は最大2個収納?

DSC03188
Photo: 島津健吾

ゴムバンドを取り外すと、そこには鍵の収納スペースがあります。見たところ最大2個まで収納できそうでした。取り出しもゴムバンドを外すだけなので、玄関の前でもたつくことなし。メインの鍵は、ここに取り付けておくといいでしょう。

必要なものは全部入る。それで十分価値アリ!

DSC03191
Photo: 島津健吾

私はこれまでに4つのミニマル財布を愛用し、店頭でもチェックしてきました。容量が大きいもの、デザイン性に優れているものなど、種類はさまざまですが、「EDC Wallet 2.0」はトータルでバランスの取れたお財布という位置付けです。こんなに小さいのに、必要なものが全部入る。それだけで十分価値があります!


「EDC Wallet 2.0」は、machi-yaでクラウドファンディングを実施中。今なら、「EDC Wallet 2.0」に「RFID保護レザー」が付属したセットが、一般販売予定価格12,999円より1,500円引きの11,499円(消費税・送料込み)で支援可能です。

残り期間もわずかとなりましたので、気になった方はこの機会に支援してみては?

>>これが世界基準のミニマルウォレット、EDC Wallet 2.0

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next