連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Twitterに追加された新機能は、誹謗・中傷防止の打開策になるか?

  • カテゴリー:
  • TOOL
Twitterに追加された新機能は、誹謗・中傷防止の打開策になるか?
Image: Ink Drop/Shutterstock.com

Twitterに、自分のツイートに返信できるアカウントを制限できる機能が追加されました。

この新機能を使えば、身の毛もよだつTwitterの世界で、嫌がらせや誹謗中傷を受ける機会を少しは減らすことができるはずです。

新機能でできること・注意点

この新機能により、自分のツイートに返信できる相手を、フォローしているアカウントや、@ツイートしたアカウントだけに制限することができます

返信できるアカウントを制限するには、新しいツイートを投稿するごとに制限オプションを選択する必要があります。

選択せずに投稿すると、これまでと同じようにあなたをフォローしている全員が返信できることになります(新機能を使って、過去のツイートへの返信を制限することはできません)。

また、返信を制限しても、あなたをフォローしているアカウントはあなたのツイートをこれまで通り閲覧することが可能です。

ツイートに返信できるアカウントを制限する方法

  1. Twitter アプリを開き、新しいツイートを作成する。
  2. [すべてのアカウントが返信できます]と書かれているリンクをタップする。
  3. [全員][フォローしているアカウント][@ツイートしたアカウントのみ]から返信できるアカウントを選択する。
  4. ツイートを入力し、[ツイートする]をタップして投稿する。

この機能がTwitterの精神と相反するものだと主張する人たちもいます。

Twitterは長い間、アイデアを自由に垂れ流せる場所として認知されてきました。確かに初期の頃はそうでしたが、現在のTwitterはそれとはかなり違った場所になっています

現在のTwitterには、いじめという大きな問題や、利用基準が一貫していないという問題があります。今回の制限機能の導入は賢明な決断であると思いますし、こうした問題をいくらか抑制する効果があるはずです。

Twitterは、一部の人が主張するような良識ある議論や、自由なスピーチが行われている場所ではありません。ただのSNSであり、あらゆる種類の人々が利用しています。

そんな中、嫌がらせや誹謗中傷の返信が来ることを心配せずに、自由にツイートしたいと思うのは当然のことです

多くのユーザーにとって、ミュート、ブロック、そして今回の返信制限機能は、Twitterを利用する価値があるものにするのに必要不可欠なものだと言えるでしょう。

あわせて読みたい

待望の機能追加!Twitterのブラウザ版でツイートの予約投稿が可能になったよ

オンラインでの炎上や揉め事を起こさない、たった1つの防止策

覚えておきたい「建設的な批判」と「弱い者いじめ」の大きな違い


Image: Ink Drop/Shutterstock.com

Source: Amnesity International, CNBC, Apple, Twitter

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next