連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

在宅勤務に飽きてきたら、何でもいいから家具を動かしてみて

在宅勤務に飽きてきたら、何でもいいから家具を動かしてみて
Image: Shutterstock

昨今の状況を鑑みれば、心からの「幸せ」を感じるのは難しいことかもしれません。今回は、日々の生活を少しだけ明るくしてくれる、小さなハックを紹介したいと思います。

コロナ以前はオフィスに通勤していた人でも、現在は在宅勤務(またはハイブリッド勤務)というケースが多いのではないでしょうか。

そして、そろそろリビングルームの壁を見つめる毎日に飽き飽きしはじめている頃かもしれません。

身近なモノで、すぐに部屋の印象を変える方法5選

自宅の景色に飽き飽きしていたら「動かす」

私は5年前から自宅で仕事をしていますが、退屈しやすいタイプなので、部屋のインテリアを見飽きたときにどうすればいいか、よくわかっています。

飽きてしまったインテリアに新しい生命を吹き込む最も簡単なやり方は、無計画に家具や物を移動させることです。

たとえ、部屋の中の物すべてが最も機能的な場所に配置してあると確信しているのだとしても、とにかく動かしてみてください。

あの椅子はあの場所にしか置けないとわかっていても、動かしてください。

あのデスクはあの場所が最適だとわかっていても、動かしてください。

動かしても最終的には元の場所に戻すだけだとわかっていても、動かしたことで、紛失していた物や、隠れていたゴミが見つかることもあります。

また、1つの物を動かすことで、ほかの物も動かしたくなるかもしれません。

気になっていた不便が解消するかも

私も最近、常々見苦しいと思っていたスピーカーケーブルを動かしました。このアパートに引っ越したときに、前の夫がサウンドシステムを組んでくれたのです。

彼の親切には感謝していますが、ケーブルがたくさん飛び出していて、ずっと気になっていました。

この問題を解決する旅路は、「このケーブルを別のコンセントにつなげられないかな」というちょっとした思いつきから始まりました。

気がついたら、すべてのケーブルをそれまでとは違うコンセントにつなぎ直していました。結果、あのうざったいケーブルたちがまったく目立たなくなりました。

これまで約半年間、見苦しいケーブルを見続けてきましたが、ケーブルがその場所にある必要があるかについて疑問に思ったことはありませんでした。

なぜなら、最初からずっとそこにあったからです(テクノロジーに詳しい元夫のことですから、最適な場所に配置されていたのだとは思います)。

視覚ノイズを減らそう

ケーブルを動かし終えて部屋を見渡すと、素晴らしい気分がやってきました。ケーブルが生み出していた視覚的ノイズに、今までどれほどうんざりさせられていたのか、はじめて気づきました。

部屋がかなり広くなった感じがしました。おまけに、最近恋人に紛失されてケンカになってしまったサングラスが、サウンドシステムのケーブルの裏から出てきました。

また、1つ物を動かしたことで、次から次へとほかの物も動かしたくなることがよくあります。

たとえばそのときも、ケーブルを動かしたことで、猫のおもちゃでいっぱいのペット用のキャリアバッグも動かすことになりました。このキャリアバッグは、サウンドシステムのすぐ脇のコーナーに置いてあったのですが、乱雑な印象を生み出していました。

特にそこになければならない理由はありませんでした。気がつけば前からそこにあったというだけです。

ケーブルを動かしたことで勢いがついた私は、キャットキャリアをバスルームの近くにある小さな廊下に置かれたユーティリティカートに移動することにしました。

そうこうするうちに、ステレオ周りはかなりすっきりして、乱雑な印象はなくなりました。

ということですので、とにかく何かを動かしてみてください。小さな物でも、大きな物でもかまいません。

あらゆる物の配置を再検討してください。ほんの何センチか動かすだけでもいいし、数メートル動かしてもいいでしょう。小物を並べる棚を部屋の反対側に移すのもありです。

明確なプランを決めずに何かを動かしてみましょう。そして、それを動かしたことで、ほかの物を動かしたくなったら、そうしてください。

空間がフレッシュで新しいものに感じられるようになるまで、物を動かし続けてください。

個人的には、ケーブルから始めることをおすすめします。

あわせて読みたい

リモートワークを快適に生産性を高くするための工夫・便利グッズ19選

リモートワークで生産的に働く人に共通する5つの習慣

部屋のインテリアを一新して気分転換する方法まとめ11

Image: Shutterstock

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next