連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事やタスクは前倒しで終わらせようとしなくていい

仕事やタスクは前倒しで終わらせようとしなくていい

私たちは、何よりも生産性(そして利益)を重視する文化の中で暮らし、働いています。

そして私たちはまた、すぐに得られる達成感が大好きでもあります(ToDoリストに完了済みのタスクをわざわざ追加して、すぐさまチェックマークをつけたことはありませんか?)。

この、生産性への信仰と、すぐに得られる達成感への愛情が組み合わさると、「Precrastination(物事を前倒しで終わらせること)」の罠に陥いってしまうおそれがあります。

今回は、Precrastinationとは何か、どうすればそれを回避できるかを紹介します。

「Precrastination」とは何か?

カリフォルニア大学リバーサイド校の心理学教授であるDavid Rosenbaum博士が、Psychological Science誌の2014年の記事のなかで「Precrastination」という新語をつくりました。

博士は、この用語を「余分な肉体的労力という犠牲を払ってでも、サブゴール(副目標)の達成を早めようとすること」と定義しています。

この概念は、肉体的労力を求められない仕事(オフィスワークなど)にも適用できます。

つまり、あるタスクをできるだけ早く終わらせたい(ToDoリストにチェックをつけたい)がために、本来しなくてもいいタスクに労力を使い、全体として余計に時間がかかってしまったら、あなたは「Precrastination」をしたということになります。

CNBCのMake ItでChris Bailey氏が、次のような事例を挙げています。

あなたが率いるチームが、複雑なプロジェクトに向けて準備を進めているところだとします。

チームメンバーたちから、プロジェクトのさまざまな要件について明確な説明を求めるメールが送られてきています。

あなたは、わかりやすく説明するメールを丁寧に時間をかけて書いたり、電話会議をスケジュールするかわりに、その場しのぎの中途半端な回答を矢継ぎ早に返信し続けました。

それで事態は落ち着いたでしょうか? いいえ。

確かに、ToDoリストにチェックマークをつけることはできました。しかし、中途半端な回答を繰り返したせいで、メンバーたちはかえって混乱し、さらに多くの質問を受け取ることになりました

結局、チームを軌道に乗せるために、あなたは余計な時間と労力をかけるはめになったのです。

Precrastinationを避けるには

Bailey氏は、こうした場面で重要なのは、目の前のタスクを急いで片付けることが適切な場合と、そうすることでむしろ余計に時間がかかってしまう場合とを見分けることだと言っています。

Bailey氏は、Precrastinationに陥らずに物事を達成するためには、次のことをするようにとアドバイスしています。

● 「このタスクは時間をかけたほうが効果的か?」と自問する

Precrastinationは、無自覚に作業をしているときに起こります。忙殺されているときは、逆に一度立ち止まり、抱えているすべてのタスクを眺めてみてください。

創造性や深い思考、感性を必要とするタスクは、ゆっくり時間をかけたほうが結果がよくなります。

● すぐに実行できるタスクを把握する

そのタスクが数分で達成できるなら、頭のスペースを空けるためにただちに終わらせてしまうのも有効です。

● カレンダーやToDoリストを使う

当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、頭の中で散らかっているものを外に出すのは素晴らしいことです。

メモ帳やスマホアプリに、予定やタスク、気になることやアイデアを書き出すことで、一歩下がって客観的に整理することができます。

頭のスペースも解放されるうえ、カレンダーやToDoリストを見ながら、次にエネルギーをどこに注げばいいかを決めることもできます。

結局のところ、Precrastinationを回避するには、意図を持って仕事に取り組むということに尽きます。

それが、スローダウンを意味するのであれば、そうしてください。

あわせて読みたい

仕事の効率化を図るタスク管理術・アイデア12選

AppleのカレンダーアプリにGoogleカレンダーの予定を表示する方法(またはその逆)

ヨミが甘い人でも実践できる!脳をスイッチさせる時間管理術


Image: GaudiLab/Shutterstock.com

Source: University of California, Riverside, SAGE Journals, Make It

Elizabeth Yuko - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next