連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

チーズのおすすめ保存方法|味や風味をダメにしないためには?

チーズのおすすめ保存方法|味や風味をダメにしないためには?

チーズをプラスチック製のラップでぴったり包むのがよくないことは、以前説明したとおりです。

チーズをうまく保管するには、敬意と思いやり、そして適切な湿度を保てる特別なスペースが必要です。

そんなチーズの保管にぴったりなのが、子ども用の弁当箱

チーズをラップで包んではいけない理由

詳しい説明に入る前に、まずはチーズをラップで包むべきではない理由をおさらいしておきましょう。

チーズは生きています。チーズも呼吸をする必要があるんです。

ラップでチーズを窒息させてしまうと、湿気を逃がせなくなるだけでなく(チーズがだめになる)、プラスチックの匂いが移って、あの素晴らしい風味が台無しになります

チーズを適切に保管するには、もう少し手間をかける必要があります。しかし、その見返りは、チーズの風味にしっかりと反映されます。

ポイントは、チーズを窒息させないこと。じっとり湿った、嫌な匂いのするチーズは誰だって食べたくはないでしょう。

以前の記事では、チーズをキッチンペーパーで包んでから、プラスチック容器に入れることをすすめましたが、怠け者の私はキッチンペーパーさえ使わない方法を見つけてしまいました。

子ども用の弁当箱・タッパーがぴったり

チーズを子ども用のかわいい弁当箱に入れると、とてもうまく保管できます(チーズマニアは反対するかもしれませんが、私はもうキッチンペーパーを使っていません!)。

弁当箱なら、チーズに呼吸するスペースを与えられるし、湿気がこもるほど密閉もされません。まるで、チーズを保管する洞窟のミニチュア版のような働きをしてくれます。

中の仕切りは必ずしも必要ありませんが、私は仕切りありのほうが好きです。特に、柔らかくて水気の多いチーズが混ざっているときにはそのほうが便利です。

私はカマンベールチーズとパルメザンチーズを同じくらい愛していますが、カマンベールにパルメザンが侵食されるのは嫌です。

私の経験では、チーズの香りがほかのチーズに移ったことはありませんが、匂いに敏感な人は、香りの強いチーズをキッチンペーパーに包み、マスキングテープかひもで縛ったうえで、弁当箱に入れればOKです。

必ずしも子ども用の弁当箱である必要はありませんが、子ども用は、大人用よりデザインが楽しいものが多いのでおすすめです。

一部の大人向け弁当箱に見られるような高い強度や気密性、真空密閉機能など極端な性能は必要ありません。

むしろ、気密性が高すぎるものは避けてください。上で説明したように、チーズも呼吸をしなければなりませんから。

あわせて読みたい

チーズをもっと美味しく食べるためのレシピと豆知識13

最後は器を食べられる。「チーズ・ボウル」のつくり方

夏の簡単調理をかなえる材料&火を使わないレシピ5選


Photo: Claire Lower

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next