連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

南の島の脱力幸福論

【漫画】南の島の脱力幸福論(10)〜ペンの行方は…?

【漫画】南の島の脱力幸福論(10)〜ペンの行方は…?

漫画で読める「南の島の脱力幸福論」。国民の94%が幸せを実感している南国フィジー。コロナ禍で時代が変わりゆく中、「脱」資本主義の先頭に立つフィジー人から私たちが学ぶべき新常識とは?

【南の島の脱力幸福論】これまでのお話はこちらから>>

シェア先進国フィジーに住んでいて、日本のシェアとの違いを感じることがあります。

それは「無許可(パーミッションレス)も有り」という点です。

たとえばこんな感じ。

1南の島の脱力幸福論
2南の島の脱力幸福論
3南の島の脱力幸福論
4南の島の脱力幸福論
5南の島の脱力幸福論
6南の島の脱力幸福論
7南の島の脱力幸福論
8南の島の脱力幸福論
9南の島の脱力幸福論
10南の島の脱力幸福論
11南の島の脱力幸福論
12南の島の脱力幸福論
13南の島の脱力幸福論
14南の島の脱力幸福論
15南の島の脱力幸福論

日本では、借りたペンを返却する期限はだいたい「その日の学校が終わるまで」だと思います。

ところがフィジーでは、「1週間くらい借り続ける」ことがフツーだったりします。

だから、次の人に借りられてしまったり、失くしたり、そもそも誰から借りたのかを忘れてしまったりする確率がグンと高まります。

「フィジータイム」と言われるゆるい時間感覚が、今回のようなトラブルの黒幕だったりするのです。

フィジータイムについては、以前に書いた記事を読んでみてください。

未来の時間を占拠しない|しないから幸せ「南の島の幸福論」vol.2

【南の島の脱力幸福論】これまでのお話はこちらから>>

<原作・エッセイ>永崎 裕麻(ながさき・ゆうま)

永崎 裕麻

移住先を探す「世界一周」の旅を終え、世界でいちばん幸せな国フィジーに移住し、14年目。ライフスタイルをアップデートする英語学校カラーズの校長。現在、フィジー・デンマーク・日本を行き来する「世界3拠点生活(トリプルライフ)」に挑戦中。著書に「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)。

<イラスト>やまぐちかおり|https://gooillustration.jp/

1987年生まれ大阪出身、ドイツ・ベルリン在住。イラストレーターとして「寿命図鑑」(いろは出版)や 絵本「ないしょのオリンピック」(ほるぷ出版)など、書籍や雑誌、広告、ボードゲームにいたるまで幅広く手がける。原作の大ファン。

原作・エッセイ: 永崎裕麻
イラスト: やまぐちかおり

swiper-button-prev
swiper-button-next