連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

コーヒーはリーダーシップを高める? 毎日コーヒーを飲むメリット4つ

コーヒーはリーダーシップを高める? 毎日コーヒーを飲むメリット4つ
Image: Rawpixel.com/Shutterstock.com

アメリカでは、コーヒーはコンピューターと同じくらい、職場環境にあって当たり前のものです。私を含め多くの人が、職場で飲む最初のコーヒーは、まさにその日最高の1杯だと考えています。

それはさておき、私は先日、リーダーシップとコーヒーの大量摂取の間に有意な相関関係があるという説を知り、興味深く思いました。

コーヒー愛飲者だった著名人たち

コーヒーを大量に飲んだことで著名なリーダーやソートリーダー(特定の分野でリーダーシップを発揮する人)の中には、ナポレオン・ボナパルトやセオドア・ルーズベルト、トーマス・ジェファーソン、ベンジャミン・フランクリン、ロナルド・レーガン、ヴォルテール、バルザック、J・S・バッハ、ベートーヴェンがいます。

そしてもちろん、オプラ・ウィンフリーもその中の1人です。

1日にデミタスカップ1杯というレベルの話をしているのではありません。たとえばバルザックやヴォルテールは、なんと1日10リットル以上のコーヒーを毎日飲んでいたそうです。

誤解のないよう言っておきますが、彼らが飲んでいたのは、現在多くのアメリカ人が飲んでいる薄いコーヒーとは違います。

当時のコーヒーは濃いものでした。ダンキンのコーヒーではなく、ダブル・エスプレッソと考えてください。

コーヒーを飲むことのメリット

もちろん、コーヒーをがぶ飲みすれば、誰もが偉大なリーダーになれるわけではありません。

ただ、コーヒーとリーダーシップとの間に因果関係がないとしても、コーヒーを飲む理由はほかにもたくさんあります。

専門家による査読を受けた数多くの科学研究が、毎日コーヒーを飲むことの利点を挙げているのです。

  • コーヒーを飲むと集中力が高められます。そうすると、プロジェクトの運営にせよ、新しいアイデアを出すにせよ、今取りかかっている業務に力を注ぎやすくなり、何かに気を取られて仕事が妨げられるのを防げます。
  • 脳が柔軟性をもち、回復力が高まります。コーヒーは機能障害や細胞死から脳を守り、脳変性疾患を防ぐのに役立ちます。つまりコーヒーを飲むと、より賢くなるのです。
  • 心身の健康を改善します。コーヒーを飲むと、心臓疾患や糖尿病、癌をはじめとする病気のリスクを下げることにつながります。当然ながらこうした病気は、あなたのリーダーシップ能力や創造力を妨げるでしょう。
  • 共同作業をしやすくし、革新的なアイデアを育みます。研究によると、コーヒーを飲みながらチームで仕事をすると、より効果的かつ効率的に作業できるそうです。

これらすべてを考慮すると、コーヒーを飲んで悪いことはありません。

コーヒーを飲む際の注意点

ですが、濃いコーヒーを1日10リットル以上飲もうとする前に注意すべき点があります。

コーヒーを研究する科学者や栄養学者は、1日に飲む理想的な量を8オンス(約240ミリリットル)のカップに4~8杯としています。しかも、昼より前に飲むのがいいそうです。

Note:そろそろ多くの人がオフィスワークに戻るころかもしれません。そこで、コーヒーの淹れ方と、淹れたコーヒーを、風味を損なわずに温かいまま、苦くならないように保存する方法を近いうちにご紹介するつもりです。どうぞお楽しみに。

あわせて読みたい

コーヒー摂取で命の危険? 3時間に約8リットル飲んで起きた体の異常

豆に関係なく、コーヒーを濃く淹れる4つのコツ

siroca 全自動コーヒーメーカー カフェばこを使ってみました!


Image: Rawpixel.com/Shutterstock.com

Source: Delish.com, CoffeeMakersUSA

Originally published by Inc. [原文

Copyright © 2020 Mansueto Ventures LLC.

訳:浅野美抄子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next