連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

LCDメーター搭載&折りたたみ可! エコで移動も楽なEマウンテンバイク

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
LCDメーター搭載&折りたたみ可! エコで移動も楽なEマウンテンバイク
Image: Belle Clair

電動アシスト自転車ってもう30年近くの歴史があるってご存知でしたか?

ヤマハが誕生させた世界初の電動アシスト自転車「PAS」の誕生は1993年。さすがに27年も経つと、技術も進化し価格もこなれて世界中で電動化の流れになっていますね。

姉妹サイトmachi-yaに登場した折りたたみ式EマウンテンバイクF-601」もその1つ。電動アシストといえば、どちらかと言えばママチャリ型の印象が強いジャンルの製品ですが、こちらはファットタイヤや無骨なフレームでタフな印象の製品です。


タフだけどコンパクトさもあり

自転車と車1
Image: Belle Clair

「F-601」は原付免許が不要な電動アシスト自転車に分類されるとのことで、誰でも気軽に乗れるのはいいですね。

フレームは自転車の素材としては定番のアルミニウム合金製。実際に乗ってみないと剛性感などはわかりませんが、ごつめのフレームから想像する限り耐久性はまずまずありそうですね。

1592321737221
Image: Belle Clair

電動アシスト自転車の中にはバッテリーの主張が激しいものもありますが、「F-601」はフレーム内に内蔵することで見た目のスマートさを確保しています。

キャンペーンページの公称値では、フル充電状態で38km〜50kmのアシスト走行が可能とのこと。高スペックな製品と比べると印象的な数字ではありませんが、片道3km程度であれば1週間は無充電で過ごせるので、まずまずかと思われます。

車トランクIN
Image: Belle Clair

フルサイズ自転車としては珍しい折りたたみ式も特徴の1つ。主張強めなメインフレームを2つに折れば車載も可能なサイズになるので、ドライブ先での散策に使うのもいいかも

Gif-組立
Image: Belle Clair

折りたたみや展開に工具は不要

ロックレバーの操作だけで変形できるので、難しい点はなさそうですね。


パーツも一定水準を担保

タイヤ
Image: Belle Clair

迫力のある太いタイヤはKENDA製

マウンテンバイクやバイクを趣味にしている方であればご存知かと思いますが、自転車生産大国である台湾メーカーで、日本をはじめ世界中の自転車メーカーでも採用されているブランドです。


disc_break
Image: Belle Clair

ブレーキは最近主流になりつつある機械式ディスクブレーキを採用

油圧式に比べると効きは1段落ちますが、ダウンヒルを攻めるマシンではないのでコストを考えると程よいチョイスかもしれませんね。

空気入れ
Image: Belle Clair

タイヤの空気バルブは米式を採用。

ママチャリなどでよく見る英式バルブや、ロードバイクに採用される仏式バルブに比べ空気漏れが少ないのがメリットとのこと。実際、米式バルブは自動車やバイクに使われていることを考えると納得ですね。

なおママチャリ用の空気入れでは注入できないので、変換アダプタなどが必要な点はご注意ください。


LCDメーターが気分を上げてくれる

1592321735743
Image: Belle Clair

「F-601」にはLCDメーターが備えられており、走行中の速度やアシストレベルなどがチェック可能になっています。

意外とこういう演出が、遠出する時などにはモチベーションを維持してくれますし、単純にガジェット感があっていいですよね!


Lady
Image: Belle Clair

小径車ではないため、推奨身長は160cm以上とのこと。

デザイン的には男性向けな感じが強いですが、女性でも足つきさえ問題なければワイドルな印象で良いギャップを演出してくれそうですね!

推奨を外れて無理に乗ると転倒や事故のリスクも増えますので、ご興味ある方は必ず適応サイズを確認してください。


無骨なデザインでワイルドながら、折りたたみで便利な電動アシストマウンテンバイク「F-601」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

限定40台が143,000円(送料込)からオーダー可能になっていますので、気になる方は以下から詳細をチェックしてみてください!

>>Eマウンテンバイク「F601」のオーダーはこちら

Image: Belle Clair

Source: machi-ya

Junya Masuda

swiper-button-prev
swiper-button-next