連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

スクラップ作業がものすごくはかどる、便利なカッター【今日のライフハックツール】

スクラップ作業がものすごくはかどる、便利なカッター【今日のライフハックツール】
Photo: sato

雑誌をよく購入するという人の中には、残しておきたい記事を切り抜いてスクラップしている人も多いのではないでしょうか。

切り抜くことに焦点を当てた、ミドリの「一枚切り抜きカッター」を用意しておくと、その作業がより楽しくスムーズに。

きちんとまっすぐ切るのではなく、ザックリ切り抜きたい時には、ぴったりのカッターです。

曲線もスムーズに切り抜ける

200619_cutterm_01
Photo: sato

ペンのような形の一枚切り抜きカッター、大きな特長は回転式のヘッドです。

通常のカッターでは、定規を当てて直線をきれいに切ることはできますが、対象物の形に沿って切り抜くのはかなり難しい作業。

200619_cutterm_06
Photo: sato
200619_cutterm_07
Photo: sato

このカッターなら、切り抜きたい形を描くように刃先を動かすだけで、気持ちいくらいスイスイと切り抜くことができます。

コツは手首を動かさず習字をするようにカットすること。

200619_cutterm_05
Photo: sato

気になったものを手軽に切り抜いて、手帳に欲しいものリストをコラージュしたり。

雑誌の連載レシピから作りたいものだけを切り抜いて冷蔵庫に貼っておけば、あのレシピどの号だっけ?と探す手間も省けます。

200619_cutterm_03
Photo: sato

下のページは傷つけず切るのは一枚だけ

200619_cutterm_09
Photo: sato

通常のカッターで雑誌を切り抜く場合、下のページまで切り抜いてしまわないよう、切り抜きたいページの下に何か敷く必要があります。

雑誌をめくりながら気になった記事をサッとその場で切り抜きたいので、このひと手間がちょっと面倒…。

200619_cutterm_08
Photo: sato

一枚切り抜きカッターなら、下のページは無事なまま。切り抜きたい一枚を切ることができます。

ただし力の入れ具合には注意が必要で、用紙が薄い場合、力を入れ過ぎると下のページも切れてしまいます。

小さいわりに切れ味はかなり良いので、雑誌を切り抜くなら力をほとんど入れないくらいがちょうどいいです。

17年のロングセラー

200619_cutterm_02
Photo: sato

ミドリの商品ページによると、この一枚切り抜きカッターはなんと17年のロングセラーとのこと。

ヘッド部分をスリム化してカット部を見やすくしたり、使いやすいように改良もされてきているようです。

新しい商品が次々と登場する文具市場で、これだけ長く販売されているのはすごいこと。

使ってみると想像以上に楽に切り抜くことができ、長く愛される商品力に納得します。

200619_cutterm_04
Photo: sato

あわせて読みたい

PCとの併用で作業負担を減らす、合理的なクリップボード【今日のライフハックツール】

片手で読んでも疲れない!簡単に読書の質が上がるブックマーカー【今日のライフハックツール】

機内持ち込みにも対応。実用性の高いツールのみを装備したマルチツール【今日のライフハックツール】

Source: ミドリオンラインストア

Photo: sato

sato

swiper-button-prev
swiper-button-next