連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ランニング中に鍵を安全に持ち運ぶ、ベストな方法がこれ

ランニング中に鍵を安全に持ち運ぶ、ベストな方法がこれ
Image: Ivan Kruk/Shutterstock.com

ランニングやエクササイズのとき、貴重品を身に着けておきたいことがあります。車の鍵(ランニング中)とか、結婚指輪(ウェイトリフティングの最中)といった貴重品のことです。

こういったものは靴ひもに通すというアドバイスもあるのですが(Redditのこちらのスレッドで勧められています)、靴ひもがほどけやすいとしたら、あまり安全だとは思えません。

ジッパーやポケットがない場合にどうする?

それより、もっといい方法があります。

私は何年も前から、これから紹介する方法で、運動するときに外した指輪を身に着けています。車の鍵も、同じように身に着けることができます。

たとえば、車でトレイルランができる場所まで移動したけれど、

  • ジッパー付きポケットもない
  • 小さなものを挟み込んでおけるスポーツブラもつけていない

といった場合です(私のようなベテランランナー向けアドバイス:鍵をスポーツブラの横に差し込んでみてください。

わきの下や、胸の側面あたりです。汗で濡れてしまうかもしれませんが、ずれることはありません)。

ランニングやトレーニング中でも鍵や貴重品を持ち運ぶ方法

スニーカーに靴紐でしばりつけられた鍵
Image: Beth Skwarecki

それでは、私のやり方を説明しましょう。

  1. 靴ひもをほどき、その片方を一番上のアイレット(ひもを通す穴)から引き抜きます。
  2. その靴ひもを、指輪や鍵に通します。
  3. 靴ひもを一番上のアイレットに再度通し、いつものように結び直します。

ひもに通した鍵がぱたぱたと動きそうなときは、写真のように、交差している靴ひもの下に差し込んでください。

このやり方なら、靴ひもがほどけたとしても、鍵は2つのアイレットのあいだに固定されているので外れません。靴が脱げない限り、失くすことはないでしょう。

ランニング中にスニーカーが脱げてしまうなんてことは、私は一度もないのですが、みなさんはありますか?

こうした靴ひも方式は、鍵のような小さなアイテムを持ち運ぶのに一番だと、個人的には思っています。何しろ、いずれは靴を脱がなくてはなりません。そのときに、鍵や指輪をどこにしまっていたか、自然と思い出せるからです。

「あれ? ポケットに入れたんだっけ? それともジム用バッグに入れたのかな?」なんて悩むことは二度とありません。

だって、まさに脱ごうとしている靴にくっついているんですから。

あわせて読みたい

ランニングを習慣化するには? 大事なポイント4つ

ランニングや筋トレ中に折れそうな心を立て直し、最後までやりきる方法


Image: Beth Skwarecki, Shutterstock

Source: Reddit

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:遠藤康子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next