連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

あのサーモスにスポーツ保冷バッグが! 冷たいタオルや軽食を入れて日常の暑さ対策にも

  • カテゴリー:
  • TOOL
あのサーモスにスポーツ保冷バッグが! 冷たいタオルや軽食を入れて日常の暑さ対策にも
Image: Amazon.co.jp

もうすっかり暑くなりましたね。でもまだ夏は序の口、これからもっと暑くなるんですよね……。

熱中症にも気をつけないといけませんが、対策は、水分をこまめに補給して、無理な運動を避けるというよく言われる方法だけではありません。

それは、直接的に体温を下げること。濡れタオルなどを使い、水分の気化熱を利用して身体を冷やすのは、熱中症対策に有効と言われています。

サーモス(THERMOS)の「スポーツ保冷バッグ」は、そんな用途にピッタリのアイテムですよ。

オリジナルの保冷剤付きで、タオルを冷やすのに最適

Image: Amazon.co.jp

スポーツ保冷バッグ」には、ピッタリサイズのサーモスオリジナルの保冷剤がセットになっています。タオルは別途用意してくださいね。

水分を含ませたタオルで凍らせた保冷剤を巻いて、バッグの中に入れておけば準備OK。

冷えたタオルでクールダウンすれば、夏の行動力が大幅にアップしそうです。

容量が約3L、軽食なども入れられる

Image: Amazon.co.jp

もちろん、タオル以外にもいろいろなものを入れておけます。

容量が約3Lありますので、エネルギー補給のための軽食などを入れておくのもいいですね。

それに、立てて入れても汁が漏れないタイプの薄型のお弁当箱を入れるなら、ランチ用の保冷バッグとしてもアリかも。

600mlのペットボトルも入ります

Image: Amazon.co.jp

また、高さがあるので、ペットボトルなら600ml相当まで収納できるとのこと。

長時間屋外にいる必要があるなら、保冷剤だけでなく、ペットボトルも凍らせておくと、保冷時間を伸ばせますね。

ちなみに、熱中症の予防として使える濡れタオルですが、万が一、誰かが熱中症になってしまったときは、救急車が来るまでの応急処置にも使えます。

脇にはさんだり、首のうしろに当てたりして、一刻も早く体温を下げることが極めて重要なので、覚えておきましょう。

ともあれ、夏は年々厳しくなっています。使い勝手が良さそうな、サーモスの「スポーツ保冷バッグ」は猛暑を乗り切る助けになってくれそうですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next