連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

伸縮するピンチハンガーなら、外でも室内でもスペースに合わせて干せて風通しも良し

roomie

  • カテゴリー:
  • TOOL
伸縮するピンチハンガーなら、外でも室内でもスペースに合わせて干せて風通しも良し
Image: Amazon.co.jp

ROOMIEからの転載

全国的に梅雨入りしているこの季節、頭を悩ませるのが洗濯物の乾かし方ですよね。

少ない晴れの日には溜まった洗濯物を一気に外干しに、雨の日には限られた部屋のスペースで効率よくまとめ干しで乗り越えたいところ。

そこで重宝しそうなのが、レックが販売する「らくらく 伸縮ハンガー」です。

干す量やスペースに合わせられて余計な場所をとらない

Image: Amazon.co.jp

らくらく 伸縮ハンガー」は幅を18cm~115cmに調節できるので、干すスペースや量に合わせて伸縮可能なのだそう。

Image: Amazon.co.jp

たとえば、晴れた日は外で大きく広げれば、たくさんの洗濯物を一気に干せます。また、洗濯物が少ないときは省スペースで済みますし、雨で部屋干しの場合は空いているスペースに応じて伸縮できますね。

それに、横に伸ばすと奥行がスリムになるので、浴室乾燥での使用にも良さそう。

風通しが良く乾きやすい

Image: Amazon.co.jp

また、「らくらく 伸縮ハンガー」はカーブ形状なので風通しが良く、乾きやすいのが特長。

そのうえ、アームが7本で1つのアームにピンチが4つついているデザインなので、タオルのような大きな洗濯物は渡し干しできますし、ピンチは合計28個なので、たくさん小物も干せます。

Image: Amazon.co.jp

さらに、強風でも外れにくい竿用ストッパーが付いているほか、ハンガー部分から竿掛け部分までが約12cmなので、最近のマンションに多い、物干し竿が低い位置にあるベランダでも使えそうです。

収納するのも楽で場所をとらない

Image: Amazon.co.jp

もちろん、収納するときに簡単に折りたためるのもポイント。一時掛けの際もコンパクトですね。

らくらく 伸縮ハンガー」は、ご家族でお住まいの方でも一人暮らしの方でも使い勝手が良さそう。いまの梅雨の時期はもちろん、シーンに合わせて活躍してくれそうです。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

Qurumu

swiper-button-prev
swiper-button-next