連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

1日数回だけ、自宅で簡単にできるヨガポーズ「ダウンドッグ」

1日数回だけ、自宅で簡単にできるヨガポーズ「ダウンドッグ」
Photo: fizkes (Shutterstock)

ダウンドッグ」というヨガのポーズはご存知でしょうか。

初心者にも比較的簡単だと言われていますが、私はとても変な動きのあるポーズだと思います。

初心者向けのヨガクラスでも何度もやるポーズですが、逆転の要素があり、普段伸ばさない体の部分を伸ばしたり、肩で体重をしっかりと支えなければならなかったり、このポーズをしなければめったにやらない動きがあります。

だからこそ、イスから立ち上がり、ダウンドッグを何回かやるのは非常に良いと思います。ある意味、机に向かってイスに座っているのとは正反対です。

ちょっとした運動になる簡単ポーズ

私のダウンドッグはとてもお見せできるものではありません。

足首は柔軟なのですが、ハムストリングが硬いのです。人それぞれ大変なところがあると思いますが、それでいいんです。

完璧なダウンドッグができるようになりたい人は、「Yoga Journal」に細かくポイントを説明したガイド記事があります。

ですが、自分のベストを尽くしつつ、体を伸ばし、チャレンジするのを楽しむだけでも十分です。

個人的には、ダウンドッグのポーズに入ったり、ポーズを解放する時に一番効果があると感じています。

たとえば、プランクの状態からダウンドッグに入る時は、腕立て伏せのような動きをすることになり、普通に腕立て伏せをするのとはまた違う種類のチャレンジがあります(少しキツめにやりたい気分の時は、普通の腕立て伏せや低いチャトランガなどを混ぜて、何回か足してもいいです)。

自分の好きなようにダウンドッグのポーズに入ったり出たりするもよし、ダウンドッグのポーズのまま数回呼吸をするもよしです。

どんなやり方でも、このようなちょっとした運動をすると1日元気に過ごせます。

ひょっとしたら、腕回しを数回やったりちょっとその辺りまで散歩しようかという気分になるかもしれません。ぜひお試しあれ。

あわせて読みたい

肩まわりに効く、1分エクササイズ「腕回し」のやり方

運動不足解消には数分あればいい。今すぐ外へ出て散歩しよう

運動を習慣化するために取り入れたいこと6選

Photo: fizkes (Shutterstock)

Source: Yoga Journal,

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next