連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

パソコンやタブレットに貼れる小物収納ポケット「Fillit Pocket」を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
パソコンやタブレットに貼れる小物収納ポケット「Fillit Pocket」を使ってみた
Photo: 島津健吾

リモートワークには、場所に縛られず自由に仕事ができるという側面があります。一方、移動が伴う場合、電源やバッテリーなどを常に携帯していなければなりません。

そんな現代らしい課題を解決してくれるのが、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の「Fillit Pocket(フィリットポケット)」。パソコンやタブレットに何度でも、貼れる小さなポケットです。今回、実物をレンタルしてわかったことをご紹介します。

どうやって貼り付ける?

5BB35DE0-5235-4398-8AF5-78A2EB0F3824
Photo: 島津健吾

「Fillit Pocket」は、表面がポケット、裏面が粘着シートになっています。

197F0256-B23F-44D3-87FD-7298265E41E0
Photo: 島津健吾

まずは、裏面の粘着シートを剥がしましょう。

8ABE4B13-950B-4D0D-8CEC-AFA2DDCCBDF4
Photo: 島津健吾

続いて、パソコンやタブレットに直接貼ればOK。これで準備完了です!

5C110717-C870-45E6-A0BA-313D8C92CFA2
Photo: 島津健吾

剥がしたいときは、先端のリムーブタグをつまみ、ゆっくりと手前に引きます。再剥離性の高い粘着剤が使われているため、剥がしても粘着した跡が残らないのが特長的。さらに、水で洗えば、何度でも繰り返し使えます。貼り付けた後、「位置を調整したいかも…」と思っても安心ですね。

対荷重は300g

CAE848D0-36E9-40FE-AC13-AA909710758F
Photo: 島津健吾

さっそく、スマートフォンを入れてみました。1つ注意点があるとすると、耐荷重は300gまで。iPhone 11の重量が約200gですので、「スマホ+1アイテム」が目安になりそうです。

963D7358-60A2-4111-BD50-F65990A4EFE0
Photo: 島津健吾

たとえば、一番使いそうなボールペン。いつも行方不明になるため、定位置をここにしておけばすぐに見つかりそう。パソコンとメモ帳を併用している人にとって、強い味方になってくれるでしょう。

6B91D9C8-233E-4DF8-9A5C-96CBF81362E5
Photo: 島津健吾

USBハブや鍵などを入れておくのも良さそうです。特にUSBハブは、使う頻度は多くなくても絶対に必要なものですので、パソコンと一緒にセットにしておきたいところ。「Fillit Pocket」があれば、紛失する心配もないので、安心して持ち運びできます。

あとは、パソコンの電源アダプターを収納するアイデアもありますが、私が使っているものはサイズが大きく窮屈すぎました。

ガラスに貼り付けても便利

7A70B5CB-5275-4F95-BE65-802327B9D546
Photo: 島津健吾

今回はパソコンに貼り付ける想定でしたが、金属やプラスチック、ガラスなどにもセットできます。オフィスや自宅なら、どこかに貼り付けておいて便利な場所があるはず。電気やエアコンのリモコン用ポケットにも使えるかなと思います。

どこでどう使うかは、自分のアイデア力が試されそうですね。

薄いから邪魔にならない!

F4AE7AF3-9586-4844-A060-BACC2F9E5F18
Photo: 島津健吾

使っていないときはフィルムのように薄く、バックパックに入れる時にも邪魔になりませんでした。こうした薄さも、「Fillit Pocket」のメリットかもしれません。貼り付けていることを忘れそうなぐらい、なじんでいますよね。


「Fillit Pocket」はmachi-yaでクラウドファンディングを実施中。通常価格 3,850円のところ、先着100名に限り23%OFFの2,965円(消費税・送料込み)で支援が可能です。

パソコンやタブレットの持ち歩きが多い人は、何度でも貼り直せる「Fillit Pocket」を利用されてみてはいかがでしょうか?

>>Fillit Pocket- 何度でも貼り直せる!PC周りの小物収納ポケット

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next