連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

南の島の脱力幸福論

【漫画】南の島の脱力幸福論(7)〜フィジーの人生楽になる秘訣

【漫画】南の島の脱力幸福論(7)〜フィジーの人生楽になる秘訣

漫画で読める「南の島の脱力幸福論」。国民の94%が幸せを実感している南国フィジー。コロナ禍で時代が変わりゆく中、「脱」資本主義の先頭に立つフィジー人から私たちが学ぶべき新常識とは?

【南の島の脱力幸福論】これまでのお話はこちらから>>

フィジー人は問題に直面した時、国からの援助に頼るのではなく、自分たちのコミュニティ内で解決してしまいます。その代表的な例が里親です。

近所のマッサージ屋で働いているおばちゃんも里親をしています。マッサージをしてもらいながら話を聞きました。

1南の島の脱力幸福論
2南の島の脱力幸福論
3南の島の脱力幸福論
4南の島の脱力幸福論
5南の島の脱力幸福論
6南の島の脱力幸福論
7南の島の脱力幸福論
8南の島の脱力幸福論
9南の島の脱力幸福論
10南の島の脱力幸福論
11南の島の脱力幸福論
12南の島の脱力幸福論
13南の島の脱力幸福論
南の島の脱力幸福論14
15南の島の脱力幸福論

日本では里親不足が深刻です。

社会的に保護が必要な子どもの約2割だけしか里親のもとで暮らすことができていません(H29年厚生労働省データより)。

残りの約8割は児童養護施設や乳児院などのいわゆる「施設」で暮らさざるを得ない状況です。

日本は世界有数の経済大国です。であるはずなのに、多くの家庭では実子を育てることに精一杯。

フィジーは決して経済的に恵まれた国ではありませんが、自分の子を3人も4人も育て、なおかつ他人の子まで面倒をみています。

この違いは、いったいどこにあるのでしょうか。

連載を通じて、じっくりと考えていきたいと思います。

【南の島の脱力幸福論】これまでのお話はこちらから>>

<原作・エッセイ>永崎 裕麻(ながさき・ゆうま)

永崎 裕麻

移住先を探す「世界一周」の旅を終え、世界でいちばん幸せな国フィジーに移住し、14年目。ライフスタイルをアップデートする英語学校カラーズの校長。現在、フィジー・デンマーク・日本を行き来する「世界3拠点生活(トリプルライフ)」に挑戦中。著書に「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)。

<イラスト>やまぐちかおり|https://gooillustration.jp/

1987年生まれ大阪出身、ドイツ・ベルリン在住。イラストレーターとして「寿命図鑑」(いろは出版)や 絵本「ないしょのオリンピック」(ほるぷ出版)など、書籍や雑誌、広告、ボードゲームにいたるまで幅広く手がける。原作の大ファン。

原作・エッセイ: 永崎裕麻
イラスト: やまぐちかおり

swiper-button-prev
swiper-button-next