連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Chrome 86でバッテリー消費が改善?新機能をいち早く試す方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Google Chrome 86でバッテリー消費が改善?新機能をいち早く試す方法
Image: 19 Studio /Shutterstock

Google Chromeのせいでバッテリーが切れてしまうという悩みは、もうすぐ過去のものになりそうです。

最新の開発者向けビルドChrome Canaryでは、バックグラウンドのウェブサイトを処理する方法に大幅な変更が加えられており、バッテリーへの負担が軽減されているとのこと。

この変更は、今秋リリース予定のWindows、Mac、Android、Linux、Chrome OS向けの安定版ブラウザ「Chrome 86」にも適用される予定です。

経緯としては、まず、ウェブ開発者のグループが、ChromeのJavaScriptタイマーのウェイクアップが過剰に行われており、ユーザーの利便性に貢献していないことを発見しました。

一部のJavaScriptタイマーは、新着メッセージやソーシャルメディア通知の受信など、重要なプロセスを実行するために使われていますが、そのほかのタイマーは、広告やスクロールの位置など不必要な情報のチェックに使われています。

こうした不必要なJavaScriptタイマーが余計なメモリを消費し、結果的にバッテリーを食いつぶしていたのです。

そこでGoogleは、JavaScriptタイマーの起動を1分あたり1回に制限することにしました。

これにより、ウェブサイトのパフォーマンスに影響を与えることなく、システムとバッテリーの負担を軽減できます。

省電力機能はビルド版Chrome Canaryで試せる

20200716-chrome86-02

そのほかのベータ版や早期アクセス版のソフトウェアと同じく、Chrome Canaryは未完成であり、不安定になる可能性があります。

バグや互換性エラーが発生する可能性がありますが、Chromeの新しい省電力機能を試すには、受け入れるしかありません(少なくとも現時点では)。

問題が発生した場合は、古い安定版に戻してください。

以下の手順は、Chrome Canaryでのみ有効です。

Chrome 86が正式にリリースされれば、今回の新しい省電力機能はブラウザのデフォルトとして組み込まれるはずです。つまり、ユーザーが設定する必要はありません。

Chrome Canaryでの省電力設定方法

  1. Chrome Canaryをダウンロードしてインストールする。(別アプリとしてインストールされ、安定したChromeアプリを上書きすることはない)
  2. Chrome Canaryで新規タブを開き、[chrome://flags]にアクセスする。
  3. [Throttle Javascript timers in background.]という項目を探す。
  4. ドロップダウンで[Enable immediately when a tab is hidden.]を選択。
  5. [Relaunch]ボタンをクリックして、Chrome Canaryを再起動すると、設定が反映される。

あわせて読みたい

Google Chromeにタブを色分けする新機能が追加! 3ステップで今すぐ使えます

YouTubeでの英語学習がはかどるGoogle Chrome拡張機能【今日のライフハックツール】

新しいブックマークのかたち。ページ内の特定箇所へ一瞬で飛べる拡張機能


Image: 19 Studio /Shutterstock

Source: TheWindowsClub Tech News,Chrome Canary

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next