連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 10をダークモードに設定する方法|省電力・眼の負担軽減に

Windows 10をダークモードに設定する方法|省電力・眼の負担軽減に
Screenshot: David Murphy

私はPCやタブレットをダークモードで使うことに病みつきになっています。使っているアプリを全部ダークモードにすると、ゴス・ファッションに夢中だった10代の頃を思い出すので、嬉しくなります。

ですから、今日は、Windows 10でダークモードを有効にする方法をご紹介します。

ダークモードと聞くと不吉な感じがするかもしれませんが、実はダークモードに設定するプロセスはとても簡単です。

まず、OSのダークテーマにアクセスするには、少なくともWindows10 のAnniversary Update(2016年8月にリリース)がインストールしてある必要があります。

これまで何年もデスクトップやラップトップを常にインターネットに接続してきた人なら自然にインストールされているはずなので問題ありません。

ですが、しばらく使わずに放置していたシステムをダークモードにしたいときは、そのシステムがたまたまずいぶん古いバージョンのOSを使っていることもあるので、そういう場合も考慮して説明したいと思います。

Windows 10でダークモードを有効にする手順

ダークモードに切り替えるときは、Windows 10の「設定」「個人用設定」をクリックします。

そこから、左側のサイドバーの「色」をクリックします。ウィンドウの右側にある「色を選択する」のドロップダウンメニューから「黒」を選ぶとダークモードに切り替わります。

ダークモードの設定①
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

簡単ですよね? あと、「カスタム」をクリックすると、アプリとOSの外観のオプションがさらに展開します。

カスタムの設定画面
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

つまり、OSの基本的な部分(タスクバーやスタートメニューなど)はダークモードで、すべてのアプリ(ウェブブラウザ、ファイルエクスプローラーなど)はライトモードで、というふうに2つのモードをハイブリッドで使えるようになるんです。

アプリごとに設定を変える方法

Windows 10で個々のアプリのモードをカスタマイズするときは、「設定」からはできません。各アプリの設定を確認して、ライトテーマとダークテーマを切り替える方法があるか確認しましょう。

アプリが「システムデフォルト」を優先している場合は、それを解除して切り替える必要があるかもしれません。これを行なうと、Windows 10で設定したアプリのモードが変更されます。

Windows 10で設定すると、すべてのアプリのモードを統一したい場合はいいのですが、ダークモードにしたOSでブラウザをライトテーマで使いたいときは、「システムデフォルト」をオフにする必要があります。

たとえば、Edge Chromiumでの設定は次のようになります。

dark4
Screenshot: David Murphy

さらに凝りたい場合は、最新バージョンのmacOSのように、1日の時刻に応じてシステムをライトモードからダークモードに自動的に切り替えるサードパーティのアプリを探してみましょう。

私自身はそういうものを使ったことはありません。ライトモードに戻りたくないからです。

少し時間がかかりますが、Windows 10のタスクスケジューラーを使って自動的に切り替わるように設定することもできます。

あわせて読みたい

出社時間ぴったりにパソコンを自動起動させる方法

Windows 10のスタートメニューで「Bing」の検索を無効にする方法

Windows 10のアップデートをできるだけ遅らせる方法


Screenshot:David Murphy, ライフハッカー[日本版]編集部

Source: GitHub, Windows Central

David Murphy – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next