連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

就職面接で未来の上司が良い上司かを見抜くたった一つの質問

就職面接で未来の上司が良い上司かを見抜くたった一つの質問
Image: Shutterstock

就職面接は、自分と自分のスキルを売り込むと同時に、相手企業や将来の上司を評価するという、微妙なバランスの上で行われるイベントです。

多くの人が理解しているとおり、たとえ「憧れの仕事」に就けたとしても、ひどい上司の下で働くことになれば、毎日が悪夢と化してしまいます。

では、目の前の相手がどのような上司になりそうかを簡単な質問で判断できるとしたら?

WorkItDaily.comのキャリアコーチであるJ.T. O’Donnell氏は、そんな質問が一つあると言っています。

面接で必ず聞くべき一つの質問

O’Donnell氏がTikTokに、面接のときに、未来の上司が最悪の上司かどうかを見抜く方法を投稿しています。それは、次のような質問をするというもの。

あなたが今までに採用した中で最も成功した人と、その人が成功するために何をしたのかを教えてもらえますか?

O’Donnell氏は、この質問への回答で、相手がどのような人を雇おうとしているかがわかるといいます。

では、種明かしをしましょう。O’Donnell氏は投稿した動画の中で、次のように語っています。

たとえば、その未来の上司が、会社のワークライフバランスを自ら絶賛していたとします。

そこであなたがこの質問をすると、

「私が雇用した中で最も成功したのはJimですね。彼は朝早く出社して夜遅くまで働き、週末も仕事をしていて、いつでもメールや電話に答えてくれます。

Jimは私のために何でもしてくれるんです」と答えました。

この会社が本当にワークライフバランスが素晴らしい会社だと思いますか? 思いませんよね。

この質問をしたことで、未来の上司がどんなことを評価し、称賛するかが明らかとなりました。

つまり、あなたがその会社で成功し、昇給や昇進を得るために何をしなければならないかも予想がつくということ。

たったひとつの質問から、非常に多くのことがわかるわけです。

O’Donnell氏はほかにも、就職面接、新しい仕事を始めること、上司についてなど、ワークライフのさまざまな面について、TikTokで語っています。

あわせて読みたい

採用担当者が見ている履歴書の7つのポイント

1000人に1人の人材となるための第一歩。「ずらし転職」を始めてみよう

あなたの職場は大丈夫?有害な職場であることを示す5つのサイン


Image: Shutterstock

Source:J.T. O’Donnell ,TikTok

Elizabeth Yuko - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next