連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleでの検索履歴や位置情報は「自動削除」に設定しよう

Googleでの検索履歴や位置情報は「自動削除」に設定しよう
Image: Nopparat Khokthong/Shutterstock.com

Googleの履歴データを一定期間経過後に自動削除できることをご存知でしょうか?

いちいち手動で削除する必要はないということです。そしてこれから、新規ユーザーはこの自動削除設定がデフォルトで有効となります。

執筆時点で自動削除設定が使えるのは、ウェブとアプリのアクティビティ、ロケーション履歴、YouTube履歴です。

Googleアカウントの[アクティビティ管理]ページのこの3つの項目に、自動削除設定をオンにするオプションが追加されています。

Googleがデータの自動削除をデフォルトに

データの自動削除設定は2019年5月に初めて導入されました。GoogleはThe Keywordへの投稿で、ユーザーデータは「Googleプロダクトをさらに便利にする」ために使われると説明しています。

今回の自動削除設定の追加も、ユーザーにデータの提供を奨励するためのもの。

ここで注意が必要なのは、そもそもGoogleにデータを渡す必要などないということです。

アクティビティ管理ページのスライダーを左に動かすだけで、Googleによるアクティビティの保存を停止することができます

ただし、この設定にすると、Googleがユーザーエクスペリエンスをパーソナライズできなくなるというデメリットがあります。

設定したら忘れてOK:まもなくGoogleアカウントに標準搭載される新しい自動削除設定により、ロケーション履歴とアクティビティ履歴の管理がさらに容易に。

自動削除設定の意義はここにあります。

Googleにアクティビティ履歴を保存することを許してパーソナライズの恩恵はうけながら、一定期間後(3カ月、18カ月から選べる)に自動削除させることができるわけです。

Googleデータの自動削除設定をオンにする方法

Googleにアクティビティ履歴を自動削除させるには、Googleアカウントにログインして、[アクティビティ管理]ページにアクセスします。

それには、プロフィールをクリックし、[Googleアカウントの管理]>[データとカスタマイズ]>[アクティビティ管理]をクリックしてください。

ウェブとアプリのアクティビティ、ロケーション履歴、YouTube履歴の下に自動削除設定が表示されているはずです。

ここをクリックして、「3か月以上経過したアクティビティを自動削除する」または「18か月以上経過したアクティビティを自動削除する」を選択すればOK。

かつては手動で履歴データを削除するしかありませんでした。

自動削除設定を使えば、指一本動かすことなく、Googleにデータを削除させることができます。そして新規ユーザーはデフォルトでこの自動削除が有効になります。

データがどう使われるかに注意しよう

自分がオンラインで何かをしている間に、どのようなデータが生成されているかについて、誰もがもっと注意を払うべきです。

Googleの自動削除設定は、パーソナライズとプライバシーの間に橋をかけようとする試みに見えます。また、同社がユーザーの懸念を真剣に受け止めていることを示すものでもあります。

もしあなたが、Googleなどの企業にデータをどう使われてもかまわないのだとしても、データが外部に流出する危険は常に存在しています。そのことを念頭に、こちらの「ハッカーからデータを守る方法」をチェックしておきましょう。

あわせて読みたい

「Googleフォト」がアップデート! こんな新機能が追加されました

運転中に大活躍。Google マップのナビ中に音楽プレイヤーを操作する方法

Google Chromeで間違えて閉じたタブをすぐに復元する方法


Image: Nopparat Khokthong/Shutterstock.com

Source:Google(1, 2), Twitter

Original Article: You Can Now Delete Your Google Data Automatically by MakeUseOf

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next