連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

手ぶらで解錠、取り付け簡単! スマートロック「GIMDOW」を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
手ぶらで解錠、取り付け簡単! スマートロック「GIMDOW」を使ってみた
Photo: 島津健吾

IoTでものとスマホが繋がる時代。スマートウォッチやスマートスピーカーはその1つですが、スマートロックも徐々に身近な存在になってきています。

そこで、実際にスマートロックを使い、どのように生活が楽になるのか試してみることに。今回、machi-yaでクラウドファンディングを実施している「GIMDOW(ジンドウ)」をレンタルしてみました!

スマートロックを取り付ける

DSC01757
Photo: 島津健吾

ハードルが高そうなスマートロックの取り付け。しかし、実際は両面テープで鍵の上に取り付けるだけで設置できます。それは非常に簡単!

今回は、スマートロックと、キーパッド両方取り付けてみました。

DSC01759
Photo: 島津健吾

裏面を見るとこの通り、最初から両面テープがついています。鉄や木製のドアにそのまま取り付けが可能です。思っていた以上に手間がかからなくて、拍子抜けしてしまいました。もちろん、いい意味で! ちなみに、駆動には単三電池が必要。取り付ける前に、電池を入れておくのをお忘れなく。

m_image_084
Image: NEOS Trading

ただ、注意点としては、取り付ける鍵を選ぶということ。サムターンがついているドアが最低条件で、サムターンの位置や大きさも関係してきます。購入する前に、プロジェクトページで事前に確認しておくといいでしょう。

スマホと連携できるのでとても便利!

DSC01778
Photo: 島津健吾

設置が完了したら、スマホに専用のアプリをダウンロード。ユーザー登録して、Bluetoothでスマートロックと接続します。

あとは、鍵を開けるとき、閉めるときに、アプリを開いてボタンを押すだけ。「ウィーン」という音と共に、数秒で開閉が可能です。

他人と鍵の共有ができる

DSC01782
Photo: 島津健吾

スマートロックを導入することで、鍵の持ち運びが当然ながら不要になりました。また、複数人に鍵をシェアできるので、親や友人が家に泊まりに来るときに、合鍵を作らなくていいのでとっても経済的。何より、鍵をなくす心配もなく、鍵を管理する必要もなし!

また、操作履歴も確認できるため、セキュリティ面も安心です。

極め付けはキーパッド!

DSC01785
Photo: 島津健吾

最も便利な機能が、キーパッドです。アクセサリとして登録することで、スマートロックを連携させることが可能。

DSC01776
Photo: 島津健吾

ドアの外に貼り付けておくことで、暗証番号を入力すると鍵が開く仕組み。ランニングにいくとき、スマホも鍵も家に置いて行きたい人におすすめです。また、スマホを取り出してアプリを操作する必要がないため、よりスムーズに自宅に入れます。スマートロックはキーパッドあるタイプがいいですね。スマホの電池が切れても安心です。

こちらのスマートロック「GIMDOW」は、現在machi-yaでクラウドファンディングを実施中。先着20名限定で24%OFFの19,000円(税込み、送料込み)で支援が可能です。

>>手ぶらで解錠!テープ貼付けで簡単取付!!次世代スマートロックGIMDOWジンドウ

Image: NEOS Trading

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next