連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−NEW NORMAL PLANET

MacBook Proで外部モニターを使うなら縦置きがオススメ!その理由は?

  • カテゴリー:
  • TOOL
MacBook Proで外部モニターを使うなら縦置きがオススメ!その理由は?
Photo ドサ健

Macをマルチディスプレイで使いだしてから14、5年。

デスクトップ、ノート問わずモニターを横に並べて使ってきましたが、ずっとしっくりきませんでした。

そのためかメインモニターの使用頻度が高くなり、サブモニターはあまり使わなくなっていました。

しかし、先日机の上を整理していて、たまたまモニターの前にMacBook Proを置いた時にピンときました。

「縦並びにモニターを置いたらどうだろう?」

早速試してみたら、長年のしっくりこない感が解決! その理由もわかりました。

MacBookとモニターを縦に並べてみた

20200630dosa1
Photo ドサ健

モニターとMacBook Proを接続、設置します。ハブを経由してHDMIケーブルで接続しました。

僕の環境は以下の通り。

モニターを嵩上げする

20200630dosa3
Photo ドサ健
20200630dosa4
Photo ドサ健

MacBook Proのモニターと外部モニターが重ならないように、モニターを嵩上げして高さを調整します。

家にあったアルミ缶(お菓子が入っていた缶)が、嵩上げにちょうどよい高さでした。

モニターの並び設定を変える

20200630dosa5
Screenshot: ドサ健

メニューのりんごマーク>システム環境設定>ディスプレイで、画面を縦に並べます。

縦に並べてみてわかったメリット・デメリット

20200630dosa6
Photo ドサ健

メリット

・モニターとキーボードと身体が常に一直線上にある

20200630dosa8
Photo ドサ健

これが一番のメリットで、僕が長年しっくりこなかった理由です。

モニターを横並びにすると、メインモニターとキーボードと身体が常に一直線上(メインモニターが自分の正面にある)にあるのですが、サブモニターは、キーボードと身体の直線上から外れてしまいます(サブモニターが自分の正面にない)。

サブモニター側に視線、顔を向ける必要がありました。

でも、縦並びだとモニター2台、キーボード、身体が一直線上になり、常にモニターに向かってタイピングや作業ができます。

僕は外部モニターをメインモニター(主に作業用)、MacBook Proをサブモニター(主に閲覧用)と切り分けていますが、縦並びにしてからはMacBook Proのモニターで作業することも増えました。

・目の移動距離が短いので疲労感が少ない

横並びにすると、2枚のモニターの端から端まで結構な距離があるので目が疲れていました。

しかし縦並びしたら、目の移動距離が短くなり、目の疲れが減ったと感じています。

・机の横幅が狭くても大丈夫

横並びにすると、横にモニター2台分が置けるスペースが必要。でも縦並びなら横幅が狭くても大丈夫。

デメリット

・奥行きが必要

20200630dosa7
Photo ドサ健

横に場所を取らない反面、縦に場所を取ります。ある程度奥行きのある机が必要です。

・モニターの高さを調整する必要がある

MacBook Proのモニターと重ならないように、外部モニターを嵩上げして高さを調整する必要があります。モニターアームだと高さの微調整ができるのでオススメです。

まとめ:モニターを縦並びしたら、しっくりきた!

モニターとキーボードと身体が常に一直線上にあることが、これほどしっくりくるとは思いませんでした。

例えばノートに文字を書く時、ノートと身体が一直線上にない、ノートが真正面にないと書きにくいですよね。それと同じで、モニターとキーボードと身体が常に一直線上(自分の正面)にあることで、自然な姿勢で作業ができます。

また、横並びの時と比べて目の疲れが減りました。僕は長時間モニターに向かうことが多いので、目が疲れが減って作業の効率が上がっていると感じます。

モニターを横並びに使っているがどうもしっくりこない、目が疲れると感じるなら、縦並びを試してみてはいかがでしょうか? オススメしますよ。

あわせて読みたい

電動昇降式デスクを購入。リモートワークを拡充する、ホームオフィスに大改造してみた

使っていないタブレット端末をモニターとして活用すると便利


Photo ドサ健

Screenshot: ドサ健

ドサ健

swiper-button-prev
swiper-button-next