連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Tiny hack

一人暮らしの「野菜使い切れない」問題は、これで解決できました。

一人暮らしの「野菜使い切れない」問題は、これで解決できました。
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

一人暮らしの誰もが直面するであろう問題、野菜不足。筆者も例にもれずその1人でした。

自炊する機会も増え、そろそろ食生活を見直そうと思い立ち野菜を買ったはいいのですが、ここでとある別の問題が浮上しました。

それは、野菜を使い切れないこと!

「今日はこの野菜を食べる気分じゃない」「自炊するのが面倒だなあ」などと放っていたら、あっという間にしなしなに…。

そうして何度も野菜をダメにしてしまっていたのですが、あるものがこの問題を解決するのに一役買ってくれました。

インスタントスープに余った野菜を入れてみた

役に立つインスタントスープ
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

熟れたトマトに困っていたある日、目に入ったのが戸棚の奥に眠っていたインスタントのオニオンスープ。

「とにかくトマトを消費しなきゃ」と仕方なくトマトとスープを組み合わせてみたら、これがおいしい! 野菜を使ったメニューはサラダや炒め物などワンパターンになりがちだったので、私にとっては新発見でした。

しかも野菜が入っているからか、インスタントなのに不思議と手抜き感をあまり感じない!

鍋にお湯を沸かして野菜に火を通す必要があるので、「お湯を注ぐだけ」とはいきませんが、たったこれだけで野菜の消費が捗るうえ、手間をかけずに豪華なスープが食べられるなんて。もっと早く気づくべきでした。

おすすめの組み合わせ3選

これをきっかけにいろいろな野菜とスープで試してみたので、今回は、個人的に「合う!」とリピしている野菜×インスタントスープの組み合わせをご紹介します。

ブロッコリー×トマトスープ

ブロッコリーを入れたトマトポタージュ
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

冷凍保存もできるブロッコリーですが、下ごしらえなど手間のかかることはしたくない…という時にぴったりの消費方法です。

火通りをよくするために、初めにサッと茹でてからスープの粉末を加えると丁度良い歯ごたえになります。

個人的なおすすめは、クノールの「トマトのポタージュ」。トマト系のスープは少し酸味が強いので、牛乳や豆乳、生クリームなどを加えて味をまろやかにするアレンジもおすすめです。

ほうれん草×クリームスープ

ほうれん草を加えたクリームスープ
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

ほうれん草は野菜炒め用によく買っているのですが、一束だと多く、かと言って1~2株残っても何に使えばいいのやら…買うたびに頭を悩ませていました。

クリームスープとの相性は抜群で、もはや定番の裏切らない組み合わせ。筆者はクノールの「クリームオニオンスープ」をよく使っています。

風味づけにオリーブオイルトリュフオイルを回しかけると、インスタントとは思えないクオリティになります。

トマト×オニオンスープ

トマトを加えたオニオンスープ
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

野菜×インスタントスープの素晴らしさを教えてくれた私史上最強のコンビです…!

オニオンスープの甘みとトマトの爽やかさが絶妙なバランスに。トマトの酸味が苦手な方は、初めに軽くトマトを炒めると甘みが増しますよ。お好みで粉チーズをかけても◎。

ちなみに個人的なお気に入りはこちらのオニオングラタンスープ。バゲットがついているので、ちょっと豪華にいただけます。

野菜を無駄にしなくなった!

この方法に出会ってから、食材を無駄にする罪悪感から解放され、以前ほど野菜を買うのにためらうことも少なくなりました。

「インスタントスープでは味気ない」という時にも満足感のある1品にしてくれるうえ、手軽に野菜を摂取できるので、特に一人暮らしの方はインスタントスープは常備しておくといいかもしれません。

皆さんもぜひお好きな野菜とスープで試してみてください。おすすめの組み合わせがあれば、Twitterなどで教えてくださいね!

あわせて読みたい

使っていないタブレット端末をモニターとして活用すると便利

30分でできる気分転換!白い壁にアクセントクロスを貼ってみたら、驚きの効果が…

1個しか卵を使ってないのに目玉焼きを2つつくる方法


Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

ライフハッカー[日本版]編集部 水野

swiper-button-prev
swiper-button-next