連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ニューヨーカーの私が、ベーグルの小技を紹介します

  • カテゴリー:
  • TOOL
ニューヨーカーの私が、ベーグルの小技を紹介します
Image: Shutterstock

生粋のニューヨーカーである私は、完璧なベーグルがどういうものであるかを熟知しています。

また、どう調理すべきかもよく理解しています(クリームチーズが溶けない程度に軽くトーストする)。

もちろん、何を挟めばいいかも。クリームチーズ、スモークサーモン、旬ならトマトのスライス、そしてケッパーです。

なかでも、ケッパーは必要不可欠(お好きならレッドオニオンもあり。私はそうでもありませんが)。

最後にレモンを絞るのを忘れずに。半分に切ったベーグルに具材を載せて、そのままオープンサンドで食べるのも全然ありです!

ケッパーの問題点

shutterstock_1048494664
Image: Igor Normann/Shutterstock.com

完璧なベーグルの作り方と同じくらい、完璧に私を困らせていた問題が一つあります。ケッパーが、必ずといっていいほどスモークサーモンの上からすべり落ちてしまうのです。運が悪いと床に落ちてしまいます。ケッパーに5秒ルールを適用する? 私にはできません…。

ケッパーがこぼれると悲しくなります。私にとってケッパーはベーグルになくてはならないもの。ケッパーの旨味がたまらなく好きなんです。

しかし、今ではケッパーの喪失を悲しむ必要はなくなりました。完璧な解決策を見つけたからです。

ケッパーの挟み方

ケッパーをクリームチーズに押しこみ、その上からスモークサーモンをかぶせるんです。

これで、ケッパーがこぼれ落ちることがなくなるうえ、スモークサーモンで隠れているので、ピリッと塩気と風味の効いた絶妙なサプライズを演出してくれます。

それから、「何でもスモークサーモンの下に入れちゃえばいいのでは?」と思いつきました。トマト、レッドオニオン…。ほかにもディルの葉は? 私は入れませんが、もちろんOK。キュウリも? あなた次第です。

とにかく、ポイントは1つだけ。食材をクリームチーズに押しこみ、上から全体をスモークサーモンでカバーすればOK。スモークサーモンは滑りやすい食材です。

スモークサーモンはベーグルの屋根になりたいのです。望み通りにしてあげましょう。

あわせて読みたい

ベーグルを薄くスライスするのは、最悪な食べ方と私が思う理由

「ホットサンド倶楽部」部長に聞く、抜群においしいホットサンドの失敗しない作り方


Image: Shutterstock

Alice Bradley - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next