連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

名門栃木レザー採用! コインも入る大人ミニマルなウォレット「Excash」を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
名門栃木レザー採用! コインも入る大人ミニマルなウォレット「Excash」を使ってみた
Photo: Haruki Matsumoto

キャッシュレス化が進むについて、お財布に求める機能も変わってきますよね。

筆者もコンビニなどでは、もっぱらスマホの非接触決済のため、財布を取り出す機会も減ってきており、免許やメインのクレジットカードなど最低限の装備だけのお財布にしてもいいかな、と思っています。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「Excash(エクスキャッシュ)」はそんなニーズに合わせた製品ですが、日本が誇る有名タンナー「栃木レザー」を採用しつつ、コインにも対応した大人ミニマルなウォレット

今回サンプルをお借りできたので、使用感などをお伝えします。


小さいながらフル装備

IMG_20200605_170216
Photo: Haruki Matsumoto

「Excash」はミニマルウォレットですが、手のひらぐらいのサイズ感。圧倒的に小さいというタイプではありません。しかしながら、筆者が普段使っているロングウォレットと比べるボリューム差は歴然ですね。

IMG_9215
Photo: Haruki Matsumoto

開いたところがこちら。真ん中がカードスロットで7枚前後を収容できるとのこと。お札は左隅の耳とカードスロットで挟むタイプになっています。

名称未設定-1
Photo: Haruki Matsumoto

カードは7枚詰めると少し窮屈な感じですが、下側の切り欠きが取り出し補助機能を兼ねているのでサッと取り出すことができましたよ。


IMG_9246
Photo: Haruki Matsumoto

カードスロットで挟んでいるだけだとお札が少し遊んでしまうのですが、耳に引っ掛けると安定感が増すので落下の心配は無さそうです。

DSC07341
Photo: Haruki Matsumoto

コインケースは側面から出し入れするタイプ。フラップが持ち運び時の落下防止と、取り出し時のスロープを兼ねているので出し入れもスムーズでした。

このとおり、ほどよいミニマルさの中でお札・カード・コインをすべて収納できる点が今の時代にちょうどいいと感じましたよ。

厚みが出にくい設計

DSC07345
Photo: Haruki Matsumoto

ミニマルウォレットを名乗るだけあり、薄さへのこだわりは感じられました。

DSC07346
Photo: Haruki Matsumoto

中身が無いものと、カード7枚・紙幣5枚・コイン10枚前後を収納したものを比べましたが、元の厚みをほぼ維持してくれています。もちろん、詰めれば詰めるだけ厚みは増しますが、せっかくの小さいお財布なので見た目にはこだわりたいですよね?

このシルエットを維持するよう心がけることで、中身が無駄に増えることもなく、よりスマートに生活できるのではないでしょうか。


エイジングが楽しみなレザー

IMG_9243
Photo: Haruki Matsumoto

老舗で定評のあるタンナー「栃木レザー」を使っており、縫製やコバ(革の断面の仕上げ)は丁寧そのもの。品質の良い製品というのが感じられます。

IMG_9248
Photo: Haruki Matsumoto

レザーアイテムでは定番のブラック、ネイビー、キャメル、ブラウン、カーキの5色展開となっており、いずれもエイジングでの変化が楽しみな素材感でした。

保護クリームなどで丁寧に味付けしていけば、きっと素敵な光沢が出てくるのでしょうね!


名門タンナーの栃木レザーを採用したミニマルウォレット「Excash」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点では数量限定の早割コースが13,500円(送料込)からオーダー可能。

品質も良く、お手頃な価格ですので小さいお財布を探している方はぜひ一度チェックしてみてください。詳細は以下のリンクから確認いただけますよ。

>> 薄く、使いやすい国産ミニマルレザーウォレットのオーダーはこちら

Photo: Haruki Matsumoto

Source: machi-ya

Hideaki Yamamura

swiper-button-prev
swiper-button-next