連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

機内持ち込みにも対応。実用性の高いツールのみを装備したマルチツール【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
機内持ち込みにも対応。実用性の高いツールのみを装備したマルチツール【今日のライフハックツール】
Image: James°

多機能でコンパクト、そして機内持ち込みできるくらい安全性の高いマルチツールを。

都市生活者が毎日持ち歩くマルチツールには、太い枝を切り落とせるようなナイフも、分厚い金属を曲げられるプライヤーも要らないですよね。

ちょっとした困り事があったときに、サッと取り出すことができれば助かる、そんなツールを持ち運びに便利な専用スリーブに収めているのが、『The Rover Capsule』。

実用性の高いマルチツールを探している人なら、要チェックのセットです。

約255グラム。持ち運びの負担を感じないマルチツール

200523_edc_01
Image: James°

マルチツールと言えば、アウトドアを意識してナイフを装備しているものがほとんど。

しかし銃刀法を持ち出すまでもなく、用もないのに危険なアイテムを持ち歩くことにはあまり意味がありません。

買ったばかりの商品をすぐに使いたくてタグを切ったり、ほつれた糸を切ったりするには、より安全なハサミの方が向いているのです。

他にも、使い勝手のいいツールを6点装備

  • コインで回すタイプのマイナスネジに対応できるプライバー兼スクレーパー
  • マイナスドライバー
  • プラスドライバーNo.2
  • 一部の電子機器などを分解するときに使えるトルクスドライバーT6
  • 栓抜き
  • ボールペン(D1タイプ替芯対応)

実際にマルチツールを持ち歩いている人なら、納得のラインナップでしょう。

200523_edc_02
Image: James°

専用スリーブを含んだトータル重量は、約255グラム

ハサミなどステンレスパーツも含まれていますが、チタンとアルミを多用しているため相当に軽く、持ち運びの負担感はほとんど感じないでしょう。

専用スリーブを使うとコンパクト感が薄れてしまうと思う人は、もちろんスリーブから出して携帯してもOK。

もっとも専用スリーブには取っ手が付けられていますので、ベルトに通したりカラビナを使ってぶら下げたりすることもできますし、収納場所に困るということはないと思います。

本体価格は275ドル(約3万円)で、日本への送料は104.43ドル(約1万1000円)。

気軽に買える価格とは言えないと思いますが、このマルチツールの他には、スマホ財布だけあれば問題ないという人も少なくないはず。

充分、検討に値すると言えるでしょう。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせて読みたい

専用ワイヤレス充電パックが付属した、耐衝撃チタン製スマホケース【今日のライフハックツール】

HDMI接続にも使えるマグネット端子で、充電もデータ転送も大画面視聴もストレスフリーに【今日のライフハックツール】

これは便利…強力マグネットですっきり収納できるUSBケーブル【今日のライフハックツール】

Image: James°

Source: James°

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next