連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

こんなにコンパクトなのに便利…高速SSD内蔵のマルチポートハブ【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
こんなにコンパクトなのに便利…高速SSD内蔵のマルチポートハブ【今日のライフハックツール】
Image: HybridDrive / Indiegogo

スペックが低いものを除けば、今や一般的な使い方でPCの保存領域が不足することは、あまりなくなったと思います。

本体容量が大きくなっているのに加えて、クラウド保存が一般化してきましたからね。

しかし、センシティブな内容のデータなどを、より安全、手軽に保存できる領域が欲しいという場合もあるでしょう。

もちろん、ソフト的にセキュアな領域を作る方法もありますが、取り外してしまえばネットから完全に遮断できる外付け保存領域を使うという、ハード的な解決方法もあります。

HybridDrive』は、USB-C、USB-A(x2)、HDMI、SDカード、Micro SDカードに対応したマルチハブでありながら、高速SSDを内蔵している外付けメディア

オフラインで使える外部保存領域としても機能するという特徴があります。

Video: Hybrid Drive / YouTube

マルチな外付けポートとして

端子がUSB-CポートしかないノートPCはもちろん、スマホ用の増設ポートとしても使えます。

MacBookシリーズなら本体を直接差して利用可能。形状や向きがうまくフィットしないPCやスマホの場合でも、付属のアダプターを利用すれば問題なく接続できますよ。

20200530_hybriddrive_01
Image: HybridDrive / Indiegogo

USB-AポートもUSB-Cポートと同様、10Gb/秒の高速転送に対応していますし、HDMIポートは、4K、60Hz HDR出力が可能。

マルチハブとしての機能に問題はないと思いますね。

外付けSSDとして

そして何と言っても、SSDの内蔵は他にないユニークな特徴となっています。

20200530_hybriddrive_02
Image: HybridDrive / Indiegogo

SSDが高速データ転送を得意にしているのは今さら言うまでもないと思いますが、こうして比較してみると一目瞭然ですね。

知識のある人なら、起動ディスクとして利用するのにも向いていると思いますし、PCの買い替えのときに、高い価格に目をつぶってローカルドライブの容量を増やす必要もなくなるでしょう。

ちなみにSSDの容量は、128GB、512GB、1TB、2TBの4つから選べます。

執筆時点で、2TBのタイプが2万4849円の出資額となっていて、かなりのお得感がありますよ。

ちなみに、予定どおりに進めば、7月には発送予定となっています。気になる人は、早めにチェックしておきましょう。

あわせて読みたい

これは便利…強力マグネットですっきり収納できるUSBケーブル【今日のライフハックツール】

HDMI接続にも使えるマグネット端子で、充電もデータ転送も大画面視聴もストレスフリーに【今日のライフハックツール】

心拍数や体温を“指輪で”トラッキング。体調の変化を把握できるアイテム【今日のライフハックツール】

Image: HybridDrive / Indiegogo

Source: HybridDrive / Indiegogo, Hybrid Drive / YouTube

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next