連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

デスク周りのケーブルは整理整頓すべき、その理由は危ないからじゃない!

GIZMODO

デスク周りのケーブルは整理整頓すべき、その理由は危ないからじゃない!

そのままにしておく気じゃないでしょうね?

「コードの無法地帯がとにかく許せない」と語るのは、米GizmodoライターのVictoria Song。上の画像は、米Gizmodoオフィスの「誰かさん」のデスク横だそうで。

見るからにぐちゃぐちゃですが、ある危険も孕んでいるのにお気づきでしょうか?


コードの散らかりほど、見過ごせないものはなかなかありません。抜けた毛とかほこりの溜まり場となっていくのを見て好む人はいないですよね。

悲しきかな、米Gizmodoオフィスのコードは散らかり放題です。

上の写真が、その証拠です。そんなにまじまじと見たくないという人もいるかもしれませんが、スチーム暖房のパイプ(画像左)にコードが蛇行しちゃってるんです。これ、冬はどうしてたんですかね。

温度が高くなりやすい場所にコードがウジャウジャあるのが望ましいなんてことはないはず。このデスクで働いているスタッフの名誉のために、名前は伏せておきますけども。

コードをスッキリまとめることの利点は、数多くあります。

まず片付いて見えますし、新しいガジェットを買ってセットアップするときや、引越しをするときには、どのガジェットがどのコードに取り付けられているかを見つけるのが何万倍も簡単になるはずです。

それから、人間やロボット掃除機やペットの危機管理にもなります。

2-1
Photo: Gizmodo US

もちろん、ケーブルをスッキリまとめるのが面倒な作業であることは分かっています。

でも、サーバールームみたいに完璧にする必要なんてないんです。目に見えるところからケーブルを隠すだけでも良いんですから。

3-1
隠すだけでも良いんです。
Photo: Gizmodo US

この画像の提供者は、テーブルスタンドの裏にケーブルを集結させたといいます。実物を見せてもらいましたが、あえて探そうとしなければ視界に入ってこないので素晴らしいなと。

もし、コードをまとめるアクセサリーを活用したいという人は、電源タップ、コード用の結束バンド、コード類の収納ボックスなどいろいろアクセサリもあります。

オンラインにも比較的安価なものがありますし、家にあるヘアゴムでコードをまとめるという手もありますよ。

4-1
画像提供:別の米Gizmodoスタッフ。
Photo: Gizmodo US

大掃除の際には、普段見てみぬふりをしがちなコード周りの整理もぜひ。細部までこだわりを見せる必要はありませんし、いくつかコードが見えている部分があっても失格にはなりません。

誰のことも(ロボット掃除機もペットも人間も)傷つけない場所にまとまっていて、どのコードがどのデバイスに伸びているかが簡単にわかるかに気をつけるだけで、一番上の画像と比べたらきっとずっと気持ちの良い環境を作れるはずです。

努力したんだってことがわかれば、Netflixシリーズ『クィア・アイ』のインテリア担当、ボビー・バークだって静かに頷いてくれるはず…きっとね。

最後に。もし、ケーブルマネジメントに詳しい人がいたら、うちの同僚にもヒントやコツを教えてください。

あわせて読みたい

ペットもさすがに歯が立たないLANケーブル

と、飛んだ! ロボット掃除機の最大の弱点を克服するハック

HDMI接続にも使えるマグネット端子で、充電もデータ転送も大画面視聴もストレスフリーに【今日のライフハックツール】

Photo : Gizmodo US

ギズモード・ジャパンより転載(2020.5.9)

Rina Fukazu

swiper-button-prev
swiper-button-next