連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

衣類を台無しにしない、漂白剤の正しい選び方・使い方

  • カテゴリー:
  • TOOL
衣類を台無しにしない、漂白剤の正しい選び方・使い方
Image: Shutterstock

漂白剤は、衣類の見た目を明るく爽やかに保ってくれる便利なもの。とはいえ、使い方を誤れば、お気に入りのシャツを台無しにしてしまうこともあります。

使い慣れない人は、衣類を漂白するとなるとちょっと気後れするかもしれません。そこで、どうやったら自信をもって衣類を漂白し、台無しにせずに済むかを説明しましょう。

漂白剤には種類がある

漂白剤は2種類に分類されます。1つは塩素系、もう1つは非塩素系です。

非塩素系は酸素系漂白剤、または色落ちしない(色物用)漂白剤と呼ばれることもあります。

塩素系漂白剤は殺菌力がとても強いのですが、繊維の種類によっては使えないものも多く、通常は白い繊維のものだけに使われています。

一方の非塩素系、または色落ちしない漂白剤は、さまざまな繊維の衣類に使っても安全です。塩素系漂白剤と違い、非塩素系漂白剤はほとんどの繊維に使うことができ、色や柄をだめにしてしまうことはありません。

あまり洗濯をしたことがなく、漂白剤を使った経験もない初心者の方に1つ注意しておきたい点があります。漂白剤とアンモニアを絶対に混ぜないでください。

特に「混ぜるな危険」な洗剤・掃除用品の組み合わせ3つ

アンモニアは、多くの掃除用洗剤に含まれています。ガラスや窓のクリーナー、多用途洗剤、トイレ用洗剤、床磨き用のワックス、さらにはオーブンや排水管用の洗浄剤などです。

漂白剤をアンモニアと混ぜると、危険な有害ガスが発生し、深刻な健康被害を招いたり、命を落としたりする可能性があります。

漂白剤を使っても大丈夫か確認する

衣類についているタグを見ると、小さなマークが並んでいます。

その1つの三角形をしたマークが、漂白剤は使えるか、使えるとしたらどの種類を使うべきかを示しています。

三角形の中に何も書かれていなければ、塩素系漂白剤を使っても大丈夫です。中に2本のラインが描かれていたら、非塩素系漂白剤であれば使えるという意味です。三角形の上に大きなバツ(×)が描かれている場合は、漂白剤を使ってはいけません。

タグがなくなっているときは、漂白剤を使えるかどうか、テストをしてみましょう

漂白剤小さじ2杯を60ccの水と混ぜ、ほんの一滴、衣類の目立たない部分に垂らしてみます。

1分後、漂白剤を垂らした部分を布やタオルでふき取って、確認してみてください。変色していたり、繊維が傷んだように見えたりしたら、漂白剤を使ってはいけません。

洗濯物を白物、明るい色物、暗い色物に分ける

漂白剤を使うときは、洗濯物を白物、明るい色物、暗い色物の3つに分けてください。真っ白な洗濯物は塩素系漂白剤を使うことができます。色物については、明るめと暗めに分けます

暗い色物の衣服に使われている染料が、明るい色の衣服に色移りする可能性があるからです。

明るい色物と暗い色物は、非塩素系漂白剤、つまり色落ちしない漂白剤で別々に洗いましょう。

色物はすべて、タグに書かれている洗濯表示に従って、可能な限り高い温度で洗うのがいいでしょう。水温が高いほうが、漂白剤の効果が発揮されるからです。

漂白剤を入れる方法とタイミング

大半の洗濯機には漂白剤ケースがついていて、洗濯機が回っている最中に適切なタイミングで投入してくれます。

効率性の高いドラム式洗濯機の場合、小さな漂白剤ケースは洗剤や柔軟剤用のケースと並んでいます。

漂白剤はケースに書かれたラインぎりぎりまで入れましょう。ドラム式洗濯機で、洗濯物に漂白剤を加える方法はそれしかありません。洗濯機が回っているあいだはドアを開けられないからです。

古いタイプの縦型洗濯機は、上部のコーナーにある小さな三角形のくぼみが漂白剤ケースです。平均的な洗濯物の量であれば、そのケースに漂白剤180ccを入れましょう。

漂白剤を投入してくれるケースがついていないときは、漂白剤180ccを1リットル弱の水で薄めて、洗濯機を回し始めてから5分後に加えましょう。あとで加えるのは、洗剤が洗濯物や水と先に混ざるようにするためです。

衣類が乾いたら、すっきり爽やかになった衣類の着心地を楽しみましょう。自宅隔離中に普段着として着ていたスウェットと古びてぼろぼろになったTシャツより、ずっと気持ちがいいことでしょう。

あわせて読みたい

準備物は2つだけ! 自宅で洋服を手洗いする3つの手順

新型コロナウイルス感染予防で気をつけるべき家庭での洗濯方法


Image: Shutterstock

Source: YouTube, wikiHow, Clorox, Mental Floss, Class Cleaning

Rachel Fairbank - Lifehacker US[原文

訳:遠藤康子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next