連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ハチミツやハムを使った、冷凍ピザをさらにおいしくするひと手間6選

ハチミツやハムを使った、冷凍ピザをさらにおいしくするひと手間6選
Image: Shutterstock

私は、「冷凍食品なんて食べない」というタイプではありません。冷凍ピザも、もちろん好きです。ただし、必ず何か手を加えます。

どんなにおいしい冷凍ピザでも、ちょっとした工夫や仕上げで、さらにおいしくなるのです(ただし、Totino’sの「Party Pizza」は例外。あれは、ちょっとほかにない冷凍ピザであり、「完璧な」製品と呼ぶ人もいるでしょう)。

1. ハチミツをたっぷりかける

私は、塩気のあるものにハチミツをかけるのが大好きです。

そのハチミツがスパイシーだったり、発酵ニンニクを漬け込んだハチミツであればなおさらです。とろりと甘いハチミツをたっぷりかければ、工場で大量生産される加工肉の強い塩気が和らぎます。

最後に残った薄いパリパリのクラストを、ハチミツに浸して食べるのも最高です。

2. マリネした野菜を載せる

オリーブ、アーティチョークの芯、キノコのマリネ、さらにはドライトマト。どれを載せても素晴らしい効果を発揮します。野菜の風味がついた油がピザに浸透してクラストに浸み込み、いい味が全体に広がります。

最高においしくしたいなら、ピザのチーズが溶け始めて、でもまだキツネ色にならないときに、野菜のマリネをピザに載せてください。

そうすれば、野菜がうまく温まってジューシーになります。余力があれば、オリーブにチーズを詰めたものをワッフルメーカーで軽く焼き、ピザをオーブンから出すときに散らしてみてください(ピザが大変身します)。

3. ハーブを使う

フレッシュバジルの細切りやオレガノの葉をぱらぱらと散らせば、味気なさが消え、最高とは言えない冷凍ピザの風味をごまかせます。

それに、ピザの見た目もよくなります。面倒でなければ、ローズマリーを揚げたものを使ってもいいでしょう。とはいえ、冷凍ピザにそこまでするのは手間がかかりすぎかもしれません。

4. ハムやソーセージで覆う

オーブンで熱々に焼いたピザ全体に、薄くて冷たいプロシュート(イタリアの生ハム)やボローニャソーセージのスライスを載せれば、ピザの熱でちょうどよく温まって素晴らしくおいしくなります。

そのうえ、おそろしく熱いピザで口にやけどするのも防げます(普通のハムでもかまいません)。

5. ピザの上にサラダを載せる

若いころは、「California Pizza Kitchen」の小さな店舗で食事するのが大好きでした。お気に入りのメニューは、風味の強い葉野菜がたっぷり載った、薄いクラストのピザです。サラダを食べているようなものなので、ちょっと体にいい気分になれました。

それに、酸味のきいたヴィネグレットソースと、しょっぱい加工肉の組み合わせは天国のようでした。

自宅でつくるときは、サラダをシンプルにして(ベビーリーフやルッコラをヴィネグレットで和えたあと、パルメザンチーズを少々かけてもいいでしょう)、オーブンから出したばかりのピザにどっさり載せるのがお気に入りです(そうすると、熱で野菜がちょうどよくしんなりするのです)。

6. チリオイルで仕上げる

いまインターネットではチリオイルが大人気のようです。

何しろおいしいので、それも当然でしょう。うちにあるチリオイルの瓶も、すでに3分の2ほど使い切ってしまいました。

5分で作れる自家製チリオイルが美味しすぎる!(ごはんや餃子と相性抜群)

チリオイルは何にでもよく合うからです。

少しピリッとしてパンチがきいていて、あらゆるものを魔法のように引き立ててくれます。そして、その魔法がぜひともほしいのが、冷凍ピザです。

ちょっと冒険してみたいのなら、チリオイルにランチドレッシング(ヨーグルトやマヨネーズ、みじん切りにしたエシャロットなどを混ぜたドレッシング)を少し混ぜてみてください。

これにクラストを浸すと、ありえないほどおいしくなります(ただし、ニューヨーカーやコネチカット出身の人には内緒にしてください。ことピザに関しては、たとえ冷凍ピザであっても、彼らは斬新なものをまったく受けつけませんから)。

あわせて読みたい

まな板・包丁いらず。炊飯器で炊くだけの「かんたんチキンライス」レシピ

パン・焼き菓子作りの必需品〜ベーキングパウダーと重曹を代用する方法


Image: Shutterstock

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:梅田智世/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next