連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

PM2.5の密度がほんの少し高いだけで、コロナによる死亡率が8%上昇した:ハーバード大研究結果

PM2.5の密度がほんの少し高いだけで、コロナによる死亡率が8%上昇した:ハーバード大研究結果
Image: Shutterstock

大気汚染はかなり以前から、人の健康を悪化させるだけでなく、早すぎる死の要因にもなっていると指摘されてきました。

大気中に浮遊している非常に小さな粒子は、「微小粒子状物質」あるいは「PM2.5」と呼ばれていますが、このPM2.5は肺の奥深くまで入り込み、ぜんそくや気管支炎、心臓発作、脳卒中といったさまざまな疾患を引き起こしうることはかねてから知られています。

さらには、心臓や肺の疾患が原因で、若くして亡くなるケースさえあります。

大気汚染がひどい地域では、新型コロナウイルス感染症の死亡率も上昇

ハーバード大学公衆衛生大学院(HSPH)は、全米の3000以上の郡(全人口の98%がこの地域に住んでいます)を対象にした広範な分析を行い、先ごろその結果を発表しました。

この分析から、大気汚染がひどい環境に長期間身を置いた経験と、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死亡率の上昇には相関があることがわかりました。

具体的に言うと、PM2.5の密度がたった「1立方メートルあたり1マイクログラム」高くなっただけで、COVID-19による死亡率が8%上昇したのです。

COVID-19の主な症状は息切れや肺炎で、大気汚染によってすでに肺の機能が損なわれている人にとっては特につらい症状です。この点を考慮に入れれば、この研究結果はそれほど意外とは言えません。

ストッキングで布マスクの捕集(ろ過)効果をアップする方法

PM2.5の濃度がほんの少し上昇しただけで、死亡率が跳ね上がる

COVID-19が基礎疾患を持つ人の間で特に重症化しやすいことはすでにわかっていますし、大気汚染はこうした基礎疾患を悪化させる要因の1つです。

今回のハーバード大学の研究は、COVID-19によるアメリカ国内在住者の死亡率に大気汚染が与える影響を直接的に数量化して示したものです。

そして、PM2.5の濃度がほんの少し上昇しただけで死亡率が跳ね上がることから、その影響は非常に深刻であることも浮き彫りにしています。

この結論は、ヨーロッパで行われたほかの研究の結果とも一致しています。ヨーロッパの研究でも、大気汚染が著しい地域でCOVID-19による死亡率の上昇が確認されています。

アメリカでは、黒人やヒスパニック、さらには低所得層の人たちが、人口に占める割合以上に大気汚染の影響を受けているという現実があります。

そう考えると、これもまた、今回のパンデミック(世界的大流行)が、すでに存在する格差をさらに深刻化させている事例の1つと言えるでしょう。

ロックダウンには、一時的に大気汚染を改善する効果も

ところで今は、感染拡大対策で誰もが自宅に引きこもっているため、大気汚染が前例のないレベルで改善しています

多くの人が車で出かけることをやめたために、車から排出されるPM2.5の量が減ったのです。

つまり、一時的にではありますが、私たちが呼吸する大気の状態はかなり回復しているわけです。

それでも、Environmental Defense Fundで気候および保健部門のシニアディレクターを務めるElena Craft氏が指摘するように、この短期的な大気の質の向上は、全面的な改善とは言えません。

「あらゆる汚染が改善されているわけではありません」と述べるCraft氏は、例えばオゾンの濃度は人の健康に影響を与えるレベルにとどまっていると指摘します。

さらに言えば、このように短期的に空気がきれいになっても、長年の大気汚染によって引き起こされた、慢性的な健康被害がなかったことになるわけではありません。

「大気の状態が改善したと言っても、慢性的に(汚染物質に)接していたことによってこうむった長期的な健康被害は考慮されていません」と、Craft氏は警告します。

ロックダウンが終わったら、大気汚染はどうなる?

現在のロックダウン(都市封鎖)が終わり、大気の汚染レベルもまた元に戻ったら、何が起きるでしょうか? 中国の大気汚染も短期的には改善しましたが、きれいな空気は長くは続かず、汚染度はロックダウンが始まる前のレベルに戻りつつあります。

世界保健機関(WHO)のデータによると、普通の状態でも、大気汚染が原因で年間420万人が亡くなっています。

世界人口の91%が、WHOが推奨する大気汚染の基準値を超える地域に暮らしているそうです。

本来であれば防げたはずの大気汚染による死者が、これだけの数で出ているうえに、私たちは今、世界規模のパンデミックの影響とも向き合っているわけです。

アメリカで進む、大気汚染に関する環境基準の緩和

今回のパンデミックは、大気汚染に関する環境基準が大幅に緩和されたタイミングで、アメリカを襲いました。多くの規則が公式に破棄されたほか、さらに多くの規制緩和が進行中です。

ちょうどCOVID-19による死亡率と大気汚染の関係が明らかにされたころの4月14日にも、米環境保護庁(EPA)は、粒子状物質に関するより厳しい排出基準の策定を却下しています

「現在の状況において、彼らがこのような方針を選ぶとは信じがたい話です」と、Craft氏はEPAを批判します。

これは、人々の健康を守る私たちの取り組みを大きく損なう判断です。私たちが国として掲げている価値観にも反しています。

私たちが前に進み、これまでに起きたさまざまな出来事の打撃から少しずつ立ち直っていくなかで、心に刻んでおくべきことがあります。

それは、きれいな空気の実現は公衆衛生に関わる問題であり、私たち全員の健康に影響を与え、しかもそれはパンデミックの間だけに限らない、ということです。

「あらゆるものは、何らかの形でつながっているのです」と、Craft氏も包括的な対策の必要性を訴えています。

あわせて読みたい

1日に10億PV! 新型コロナウイルス感染症ダッシュボードに、世界が信頼を寄せる理由

この新型コロナウイルス禍はすぐには終わらない。現実を受け入れて生きるしかない

7年の拷問を耐えた男性が語る、メンタルを強く持ち今を生き抜く「ストックデールの逆説」とは?


Image: Shutterstock

Source: HSPH, EDF, Environmental Defense Fund, NBC news, Popular Science, UNDARK, CNBC, WHO, The New York Times, The Washington Post, Time

Rachel Fairbank - Lifehacker US[原文

訳:長谷 睦/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next