連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macの「fnキー」をダブルクリックで使える便利な機能は?

  • カテゴリー:
  • TOOL
Macの「fnキー」をダブルクリックで使える便利な機能は?
Image: Shutterstock

Macユーザーは、マルチタスクが好きです。文字の音声入力を有効にするキーボードのショートカットもあるので、入力せずに話すこともできます。

「fn」をダブルクリック

文字を入力したい場所にカーソルを動かしたら(入力できるアプリであればどんなものでも使えます)、ファンクションキー「fn」をダブルクリックして、話し始めましょう。

音声入力が有効になったら、マイクのアイコンが出てくるのでわかります。

音声入力のマイクアイコンの表示

書きたいことを話し終えたら、再度ファンクションキーをダブルクリックします。

アイコンの下の「完了」をクリクしたり、「return」キーを押してもOKです。Appleは、1回の音声入力を40秒以下にするよう推奨していますので、複数ページにもわたるような文章を一気に音声入力しようとしないでください。

句読点や書式の設定方法

句読点や書式を入れる必要がある場合は、Appleの音声入力用のコマンドのページを参考にしてください。

パソコンで音声入力をしたことがない場合は、最初にショートカットキーを使った時に、有効にするためのポップアップウィンドウが出てくるかもしれません。

もしくは、パソコンのキーボードの設定で有効にできます。

Appleメニュー > システム環境設定 > キーボード > 音声入力」のところを有効にします。また、コマンドキーや好きなキーの組み合わせにショートカットキーを変えることもできます。

音声認識ツールを使って、Macで音声入力をしても、必ずしも100%正確に入力できるわけではありませんので、メッセージや文章を誰かに送る場合は、その前にかならずチェックしましょう。

あわせて読みたい

効率爆上がり!Windows/mac OSの便利機能とショートカットまとめ

macOSで絵文字を入力する一番簡単な方法


Image: Shutterstock

Source: Apple

Emily Long - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next