連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ポリ袋を引っ掛けるだけ。分別数や容量をカスタマイズできる自由度が高いゴミ箱

  • カテゴリー:
  • TOOL
ポリ袋を引っ掛けるだけ。分別数や容量をカスタマイズできる自由度が高いゴミ箱
Image: Amazon.co.jp

非常事態宣言は解除されましたが、すぐ元通りの生活というわけにはいきません。

外出を控えると自炊が増え、それと比例してゴミの量も増えた!という方は多いのではないでしょうか。

分類が大変だし、プラゴミや缶・ペットボトルはかさばってゴミ箱に入りきらない……。

そこで、山崎実業の「分別ダストワゴン」はいかがでしょうか?

ポリ袋を引っ掛けるだけで、そのときどきのゴミの量や種類にあわせたゴミ箱が完成しますよ。

ポリ袋の取っ手を引っ掛けるだけ

Image: Amazon.co.jp

分別ダストワゴン」は頑丈なスチール製で、ゴミを分別したいときは手前と奥の凸部に、取っ手の付いたポリ袋を引っ掛けて使います。

サイズは、3分別タイプ(横幅50cm×高さ53cm×奥行き30cm)と2分別タイプ(横幅34.5cm/高さと奥行きは同じ)の2種類。

「缶とプラゴミ」や「生ゴミとプラゴミと缶」のような分別が楽にできて、キッチン周りがスッキリしそうです。

ゴミの出る量や種類に合わせてカスタマイズ

以下の画像は2分別タイプ。

Image: Amazon.co.jp

もちろん、このようにポリ袋を2つ掛ければ2種類のゴミを分別することができます。

Image: Amazon.co.jp

また、このように取っ手が無い袋をフレーム全体にかけて、1種類のゴミをたくさん捨てることも可能。

そのほか、3分別タイプをゴミの種類と容量にあわせて2:1にして、2分別として使うなど、状況に応じて柔軟にカスタマイズできます。

ただしAmazonのレビューによると、「45Lの袋だと取り出すときに引っかかる(2分別タイプ)」とか、「30Lの取っ手付きの袋がピッタリだった(3分別タイプ)」という声もあり、最適な袋の組み合わせを探してみると良さそう。

ちなみに、2分別タイプも3分別タイプも、耐荷重は3kgとのことで、重いものを詰め込み過ぎないようにしましょう。

キャスター付きだから移動も楽々

Image: Amazon.co.jp

さらに、「分別ダストワゴン」にはストッパー付きのキャスターが付いているので、ゴミを入れたままスイスイッと動かせます。

ゴミを捨てるときに楽だし、掃除をしたいときにも助かります。ゴミ箱の周囲は家事の動線から外れているので、ホコリがたまりがちですからね。

カラーはブラックホワイトの2色。色も構造もシンプルなので、使う場所を選ばず、使わないときは空間を圧迫しません。

商品名は「ダストワゴン」ですが、トートバッグを引っかけて、子ども部屋のおもちゃ入れに使うのもアリ。

そのほかにも、ランドリーボックスや押入れ収納にするなど、さまざまに活用できそうです。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

ちなみに、ゴミが目立つのはちょっと……という方には、目隠し付き(ブラック・ホワイト)もラインナップされていますよ。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

中川真知子

swiper-button-prev
swiper-button-next