連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ダニを誘引&捕獲して逃さず一掃! この道20年の研究所が開発したシート

  • カテゴリー:
  • TOOL
ダニを誘引&捕獲して逃さず一掃! この道20年の研究所が開発したシート
Image: Amazon.co.jp

沖縄ではもう梅雨入り。気温と湿度が上がると、ダニのシーズンが到来します。

刺されたら、一月近くかゆくてたまりませんし、フンや死がいはアレルギーの原因に。

そこでダニを一網打尽にできるという、日革研究所の「ダニ捕りロボ」はいかがでしょうか。

ダニ専門の研究所が開発し、累計1400万個以上売れているアイテムなのだそう(2020年1月31日時点)。

生きたダニを集めてしっかり捕獲

Image: Amazon.co.jp

日革研究所は世界で初めて、「ダニが好む香りを突き止めるだけでなく、乾燥もさせる」ダニ捕獲方式を開発したのだとか。

日本とアメリカで特許を取得しており、生きたダニをしっかりおびきよせて退治できるそうです。

また、誘引剤は天然成分由来で、殺虫成分は不使用とのことで、小さなお子さんにも安心ですね。

使い方は、本体ケースに誘引マットをセットして、ベッドのマットやカーペットの下に敷くだけ。効果は約3カ月続きます。

ダニやフンを閉じ込め、掃除機をかけてもOK

Image: Amazon.co.jp

なんと、「ダニ捕りロボ」に入ったダニは、100%退治できるのだとか。6週間後に「ダニ増殖抑制率100%」という試験結果が出たそうです。

それに死がいやフンはマットの中に完全に閉じ込められるので、掃除機をかけても舞い上がることはないとのこと。気をつかわずに掃除できますね。

開発の20年の歴史とそれに基づく結果

Image: Amazon.co.jp

そんな「ダニ捕りロボ」開発のきっかけは、創業者がダニアレルギーに悩む孫を助けたいと思ったから。そして20年、ダニだけの研究にこだわっているそうです。これは期待大ですね!

実際、Amazon掲載の動画によると、「東急ハンズで2年連続売り上げNO.1を記録」「Amazonの売れ筋ランキング DIY・工具総合ランキング(捕虫器部門)で1位を取得」したこともあるとのこと。

ダニのシーズンは6月~8月と言われています。刺されたりアレルギーで辛い思いをしたりする前に、「ダニ捕りロボ」で対策してはいかがでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

今井麻裕美

swiper-button-prev
swiper-button-next