連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

半永久的に画面を保護する、塗るタイプのガラスカバー。スマホの機種を問わずに使える

  • カテゴリー:
  • TOOL
半永久的に画面を保護する、塗るタイプのガラスカバー。スマホの機種を問わずに使える
Image: Amazon.co.jp

スマホを落として画面にヒビが入ったときの、あの何とも言えない物悲しさは、誰しも味わいたくないものです。

よって、新しいスマホに変えたと同時に、キズ防止フィルムを貼っている人も多いことでしょう。

でも、フィルムをキレイに貼るのは難しいし、新しい機種に対応したフィルムがまだ入手できないということも。

そこで、「塗るタイプのガラスカバー」、CarZootの「スマホ用ガラス被膜コーティング剤」はいかがでしょうか。

塗るだけで頑丈なガラス被膜を作って剥がれない

Image: Amazon.co.jp

スマホ用ガラス被膜コーティング剤」は、スマホの画面に塗るだけで硬度9Hのガラス被膜を形成して画面を保護するアイテムです。

車のボディ塗膜を守るために使うガラスコーティング剤を応用して開発されたそうで、画面保護力や耐久性が高いとのこと。

また、硬度9Hは、カッターの刃を立てても傷がつかない硬さのうえ、半永久的に画面を保護できるそう。

さらに、フィルムのようにスマホの機種を問わない点も楽ですね。

気泡が入るのを気にする必要なし

Image: Amazon.co.jp

写真付きのマニュアルが入っているそうなので、作業に戸惑うこともないでしょう。

施工時間は約20分、焦らず取り組みましょう。ただし、完全硬化するには24時間が必要とのことで、待ち時間に傷をつけないようにご注意を。

時間はかかるものの、気泡が入る心配が無いので、気楽に作業できるのはメリットですね。

スマホ以外に使うのも良し

Image: Amazon.co.jp

しかも、疲れ目の原因になると言われているブルーライトのカットもしてくれるとのこと。それでいて、画面の自然な発色性能には影響しないそうです。

スマホだけでなく、タブレットなどに使うのも良さそうですね。

さらにAmazonのレビューでは、スマホ2台の両面とNintendo Switch1台の画面に2度塗りして余ったという方もいるので、コスパも良さそうです。


外出自粛制限も全国的に解除とのことで、再びスマホを持って外に出る時間が増えますよね。

傷や衝撃から守るために、「スマホ用ガラス被膜コーティング剤」でコーティングしてみてはいかがでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next