連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ワイドサイズマウスパッドを試したら、リモートワークが快適&静かになった!

  • カテゴリー:
  • TOOL
ワイドサイズマウスパッドを試したら、リモートワークが快適&静かになった!
Photo: ドサ健

最近、リモートワーク(テレワーク)やオンライン授業などでパソコンに向かいっぱなしの方も多いのでは? まさに僕がそうなんですが、気になるのは手首への負担とタイピング音

硬い机の上でタイピングしているので手首が痛い。またタイピング音が思った以上に響くことも。

そんな時に見つけたのが、ワイドサイズマウスパッドARCHISS Massive Desktop Matです。

極厚5mmの天然ラバーが手首への負担やタイピング音を軽減し、テレワーク環境を快適なものにします。

ガジェットを自由に置ける超ワイドなマウスパッド

20200515dosa3
Image: アーキサイト

760 x 300 x 5mmのワイドサイズでキーボード、マウス、スマホを置いてもまだ余裕があります。

極厚5mmの天然ラバー

5mmの暑さ
Image: アーキサイト

同等品は3mm前後の厚みが多い中、極厚の5mm。この厚みが手首への負担やタイピング音を軽減してくれます。

実際に購入し試してみました!

20200515dosa5
Photo: ドサ健

5mm厚の天然ラバーが手に優しい

20200515dosa6
Photo: ドサ健

厚み5mmの天然ラバーの適度なクッションが、手首の負担を軽減、痛くなりません。

タイピングの振動と音を軽減

20200515dosa7
Photo: ドサ健

テレワーク中に音声通話をして気がついたのは、意外とタイピング音が響くこと。

でも『ARCHISS Massive Desktop Mat』を使うと、振動が吸収されるためかタイピング音が柔らかで静かになりました。

ノートパソコンにも

ノートパソコン
Photo: ドサ健

キーボードほどではありませんが、ノートパソコンでもタイピング音が柔らかく静かに感じました。

なめらかで滑りすぎないマウスパッド

20200515dosa9
Photo: ドサ健

表面はなめらかで摩擦抵抗の少ないポリエステル布素材。滑りすぎず、ほどよい抵抗があって絶妙なマウス操作感です。

また、表面のポリエステル素材は肌触りがよく、不快感がありません。

地味に辛い。デメリットは?

20200515dosa10
Photo: ドサ健

マットの上でメモしようとすると、紙に穴が開いてしまいます…ノートに書くか下敷きが必要です。

ひくだけで仕事モードにスイッチできる

パソコンで長時間作業をするなら、体に負担が少なく、快適な環境を整えることが大事。そうすることで集中力が続き、作業も捗ります

『ARCHISS Massive Desktop Mat』があれば手首の負担が減り、タイピングの振動や音が減ることで快適に作業ができます。

また、自宅でするテレワークの難しい点は、気持ちを切り替えること。さっきまで食事をしていた机で仕事をしようとしても、なかなか仕事モードに切り替わらないですよね。

そんな時は『ARCHISS Massive Desktop Mat』を敷くことで、いつもの机が仕事デスクに早変わり。すぐに気持ちを仕事モードに切り替えることができますよ。

あわせて読みたい

リモートワークを快適に生産性を高くするための工夫・便利グッズ19選

リモートワークを快適に、オンオフ兼用のおすすめ便利グッズ10選

マストバイ! iPadの実力を引き出す8つの神器


Photo: ドサ健

Image: アーキサイト

Source: アーキサイト

ドサ健

swiper-button-prev
swiper-button-next