連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−Stay Home, Stay Positive.

Web会議アプリ「Google Meet」の使い方と手順|個人向けに無料開放中

  • カテゴリー:
  • TOOL
Web会議アプリ「Google Meet」の使い方と手順|個人向けに無料開放中
Image: Tada Images/Shutterstock.com

Googleは、Web会議アプリ「Google Meet」を無料にしました。

以前のように有料のG-Suite利用者でなくても、Googleアカウントさえあれば誰でも使えます。

(Google Meet無料版のリリースの一環として、G-Suiteの定期利用者は9月30日までエンタープライズ版のGoogle Meetが利用できます。)

無料になった背景には2つの理由があります。

まず、「Zoom」という競合が頭角を表したからです。

もう1つの理由は、Googleが「Google ハングアウト」の終了に一歩近づいたから。

Google ハングアウトは、ビデオ通話ツールとしてまだ使えますが、近い将来Google Meetに吸収されるでしょう。

Zoomやほかのビデオ通話アプリとの違い

Zoomの競合アプリとして、Google Meetには他の競合アプリと決定的な違いがあります。

無料版のGoogle Meetは、Zoom同様1回の会議に100人まで参加することができます

しかし、Google Meetの会議にはGoogleアカウントを持つユーザーしかアクセスすることはできませんし、無料版では固定電話からのダイヤルインのアクセスができません。

一方Zoomは、適切なリンクやダイヤルインの番号があれば、誰でもアクセスできます。

また、Google Meetは無料版のユーザーでも会議時間の制限がありません

Googleが録音を60分に制限しようとしている9月30日までは、時間無制限で使用できます。

(G-Suiteのユーザーは、それ以降も時間無制限で利用できるはずです。)

GoogleMeetでビデオ会議をしている画面
Image: Google

Google Meetの無料版は、Googleアカウントが必要だということと、ダイヤルインのオプションがないことで、基本的にはZoomよりも使いにくくなりますが、Zoomの影響をそこまで受けてもいません。

また、ユーザーは会議の前に、ホストから参加を認められる必要もあります。

Google Meetにはアプリ間の連携というメリットもあり、Google Meet、Googleカレンダー、Gmail(Web版/Android・iOS版)から会議の作成や参加が簡単にできます

さらに、Google Meetは幅広いブラウザやデバイスをサポートしているので、自分が使っているプラットフォームに応じてWeb会議を始める方法がいくつもあるということになります。

Google Meetで今すぐ会議を始める、もしくは会議の予定を入れる方法を紹介していきましょう。

Google MeetでWeb会議を始める手順

デスクトップの場合

  1. 好きなブラウザで「meet.google.com」を開く。
  2. 自分のGoogleアカウントにサインインする。
  3. ミーティングに参加または開始」をクリックする。会議の名前を付けることもできる。
  4. 続行」をクリックする。
  5. 今すぐ参加」をクリックし、会議を始める。

参加者の追加/招待もできます。

  1. ユーザーを追加」を開く。
  2. 追加したい人の連絡先を選ぶか、連絡先の名前やメールアドレスを入力する。
  3. メールを送信」をクリックする。
  4. または「ミーティングの詳細>参加に必要な情報をコピー」をクリックして、メールやメッセージアプリなどで会議の情報を送って招待することもできる。

AndroidとiOS/iPadの場合

  1. Google Meetのアプリ(AndroidiOS/iPadOS)を開く。
  2. 「新しい会議」をタップする。会議の名前を付けることもできる。
  3. 「会議に参加」をタップして始める。
  4. 他の人を招待するには「i」アイコンをタップし、「共有」をタップして、デバイスの共有メニューで会議のリンクを送る。

Google Meetの予定をカレンダーに入れる方法

Googleカレンダー(デスクトップ)

  1. Googleカレンダー」を開く。
  2. +作成」ボタンをクリックして、予定を作成する。
  3. 予定の時間や詳細を追加する。
  4. ゲストを追加」をクリックして会議の参加者を招待する。
  5. (必要であれば)メールアドレスを追加する。
  6. Google Meetのビデオ会議を追加」をタップして、Google Meetのリンクをコピー&ペーストする。
  7. 保存」をクリックするとカレンダーに予定が追加し、「送信」をクリックすると会議の参加者に招待メールが送信される。

AndroidとiOS/iPadの場合

  1. Googleカレンダーアプリ(AndroidiOS/iPadOS)を開く。
  2. 」アイコンをタップし、「予定」をタップして、詳細を入力する。
  3. ゲストを追加」をタップし、招待したい人の連絡先やメールアドレスを入力する。
  4. 完了」をタップする。
  5. 保存」をタップすると、カレンダーに予定が追加され、招待メールが送信される。

あわせて読みたい

ビデオ会議の背景を好きな画像や動画に変更できる、zoomで編集会議をしてみた

リモートワークに必須!有料・無料WEB会議アプリおすすめ8選(Zoom以外で)

Microsoft Teamsのビデオ通話で背景をカスタマイズする方法


Image: Tada Images/Shutterstock.com, Google

Source: Google(1, 2, 3, 4), Apple(1, 2)

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next