連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ホットケーキミックスを美味しくする裏ワザ&活用アイデア6選

ホットケーキミックスを美味しくする裏ワザ&活用アイデア6選

私は頻繁にブランチを外食するタイプではありません。ただ、何かが奪われてしまうと、それがとても魅力的に思えてくるのです。

量ばかり多くておいしそうとは言えないミモザサラダ、値段の高すぎる卵料理、(ほかの人たちと一緒に並ぶ)順番待ちの列さえも、いまはとても魅力的に思えます。山と積まれた美味しそうなパンケーキはもちろんです。

さいわい、のんびりと生きることに人生を費やしてきた私は、いまの状況に対する準備は万全でした。市販のホットケーキミックスをおいしくするための裏ワザを集めてきたおかげです。

ダマが少し残るほうがふわふわになる

パンケーキの生地は、乾燥部分が混じった大きな塊が残らないよう、全体的にざっくり混ぜますが、小さなダマをつぶす必要はありません。生地に多少のムラを残しておいたほうが、発酵中に空気が抜けにくくなり、ほどよい大きさに膨らむのです。

先週の土曜日にこの方法を試してみた私は、もともと神経質なほうなので、ダマをつぶしたくなる衝動に駆られました。

それを我慢して作ってみたところ、明らかに上手に、よりふわふわのパンケーキに仕上がったのです。おかげで、いつもより素敵な土曜日を過ごすことができました。

レモンの皮を加える

レモンの皮のトッピングをしたパンケーキ

6~8枚のパンケーキを作る手順はいつもと変わりません。ただし、液体を加える前の乾いたパンケーキミックスに、中サイズのレモン1個分のすり下ろした皮をすべて混ぜ合わせます。はい、これだけです。そうしたら、ムラが残る程度に生地を混ぜて、フライパンで焼きます。

これで、黄色いレモンの皮がスプリンクルのように全体に散りばめられた、きつね色のレモン風味パンケーキのできあがりです。フルーティーな甘みというよりも、ほのかな花の香りと、贅沢な味わいを楽しめます。

カッテージチーズを入れる(英文記事)

これは、言ってみればリコッタパンケーキのような感じです。ただし、それよりも少し鼻にツンときますが(そしてちょっと安上がりでもあります)。

チーズ自体に水分があるため、水の量は少々控えめにする必要があります。市販のパンケーキミックスを使う場合、水はいつもの分量をはかり、それを半分にします。

それと同量のカッテージチーズを加えたら、はかっておいた量の半分(つまりいつもの4分の1)の水を加えます。

混ざり具合を確かめながら、かき混ぜていきます。粘り気が強い状態になるので、残りの(4分の1の)水を少しずつ足していきます。生地が、注げる程度の液状になるまで水を入れましょう。

砕いたキャンディを混ぜる(英文記事)

バターをトッピングしたパンケーキ

この場合は、言うまでもなく、フルーツキャンディよりもチョコレートキャンディのほうがうまくいきます。

チョコレートキャンディは生地に溶け込んでパンケーキの表面に広がり、タフィーのようなキャラメル状の粒になります(最悪のチョコレートバー「3 Musketeers」でさえも、食べられるものに生まれ変わります)。

とても素晴らしいのですが、分量には加減が必要です。パンケーキ1枚につき、ミニサイズのチョコバー1個で十分です。パンケーキ2枚なら「フルサイズ」を1個でも良いでしょう。

バーを丸ごと砕いて生地の入ったボウルに混ぜたくなるところですが、そうしないことをおすすめします。キャンディ入りパンケーキはとても甘くなるので、過剰な糖分のバランスをとるため、多少の調節が必要になるかもしれません。

いつも通りにパンケーキの生地をフライパンに流し込んで火を掛けてから、砕いたチョコバーを散らします。

薄くしてブリヌイ(ロシア料理のクレープ)にする(英文記事)

サーモンとクリームをトッピングした薄いパンケーキ

どれだけ多めに水を加えるかはパンケーキミックスにもよりますが、4分の1カップくらい余分に水を加えれば、フライパンで焼いた時に、薄く平らになる生地ができあがります

ただ、何度か試してみる必要はあるでしょう。失敗したものは食べてしまえば良いのですから。

好みの油か、とりあえず手元にある油で生地を焼きます。バターを使うと、まだら模様がよりはっきりします。ノンスティックのフライパンに、植物油などの中性油を少しひいて焼くと、より均一なブリヌイに仕上がります。たくさん作っておくと良いですよ。

食べごたえのあるオムレツを作る

パンケーキオムレツ

パンケーキオムレツは、一般的なオムレツとは、構造や質感が違います。ふわっとしたオムレツではなく、ちょっとスポンジのような弾力のあるオムレツになるのです。

でもそれで良いのです。料理のうんちくを抜きにして、このオムレツは楽しめます。程よい弾力があって、ほのかに甘く、外側はサクッと焼けているのに焦げていません。

料理中に崩れにくく、ひっくり返して巻いていくのも、今まで作ったオムレツの中で一番簡単でした。

どの裏ワザでもあなたのブランチ願望を満たせなかったなら、ミモザサラダか、もしくはジャムを使ったカクテルを添えてみてください。

人を別にすれば、お酒こそが、ブランチのブランチたるゆえんなのですから。

あわせて読みたい

朝食に最適。パンケーキよりモッチリ食感の「クランペット」のレシピ

パン作りのレシピ幅が広がる!ベーカーズ・パーセントを覚えよう

形崩れしないホイップクリームの作り方。秘訣はある材料を入れるだけ

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:風見隆/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next