連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

自宅待機中こそ、不要なアカウントやメールの大掃除!ついでに設定も見直しを

GIZMODO

  • カテゴリー:
  • TOOL
自宅待機中こそ、不要なアカウントやメールの大掃除!ついでに設定も見直しを
Image: Parker Byrd (Unsplash)

フリーの翻訳者兼ライター歴が20年になる筆者は、在宅勤務といっても普段と変わらない生活を送っています。

でも、急に「家で働け」って言われた人は、何から手を付ければよいか分からなくて戸惑ったり、猫に仕事を邪魔されて困ったりしているかも。

その一方で、通勤する必要がなくなり、予想外に時間的な余裕が生まれた人もいるはず。余った時間は有効活用しましょう。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策で家にこもっていると、「どうぶつの森」をいじったり、「Disney+」を見まくったりする時間がたっぷりあります。

せっかくだから、見えないふりをして放置していたネットやPCのゴチャゴチャを大掃除しませんか。オンライン生活やPC、スマホが安全になるし、気分も落ち着くはずです。

経験したことのない状況なので、家でゴロゴロ楽しいことをしていたい気持ちは理解できます。

でも、デジタル大掃除にはストレス軽減効果があるので、お気に入りの音楽や面白いポッドキャストを流して気分を盛り上げ、腰を持ち上げてはどうですか。

使っていないアカウントを削除

オンライン生活を何年も続けていると、使わなくなったアカウントが大量にあるでしょう。

今こそ、スマホからアプリをアンインストールするだけで済まさず、関連アカウントを完全に削除するときです。

アカウントを削除すればアプリに記録されていた個人情報がすべて消去されるので、データ漏えいが起きても情報は流出せず安全。アプリのサポート情報ページに、削除手順が書いてあります。

xx02
PCのバックアップにGoogleドライブを活用
Image: Gizmodo US

お持ちの写真やビデオ、ファイルに万が一、もしものことが起こってしまう前に、iCloudやDropbox、OneDrive、Googleドライブ、Boxといったアプリを使い、オンラインストレージへバックアップして安全確保しましょう。

さらに、コピーを別のハードディスクやPCに入れておけば理想的です。

スマホの中身を整理

何でもかんでも撮るのは得意なのに、たいていの人は撮りっぱなしで写真をスマホに入れたまま。よい機会なので、スマホ内の写真を整理しましょう。

写りの悪いピンボケ写真を削除して、ベストショットをアルバムにします。

Google(グーグル)の「フォト」アプリとApple(アップル)の「写真」アプリには、役立つツールがどんどん追加されていて、くすんだ写真を明るくしたりできるし、検索キーワードを入れるだけでペットの写真を漏れなく見つけられたりできるのです。

ストレージの空き容量を増やす

xx03
ファイルを整理するのに役立つmacOSのツール
Image: Gizmodo US

スマホやPCは、ストレージの空き容量が大きいほどキビキビ動きます。

そこで、使っていないアプリをアンインストールして、ゴミのようにゴチャゴチャと溜まった大量のファイルを削除してしまいましょう。

不要なファイルを整理するのに役立つツールは、WindowsにもmacOSにも用意されています。

こちらの記事でも、重いパソコンをキビキビにする方法を詳しく紹介しています。

重いパソコンをキビキビにする基本チューニング

重要なメールをきちんと処理

メールの受信箱が空っぽであるインボックス・ゼロの境地には、そうそう到達できるものではありませんが、時間のある今だからこそ、せめて受信箱をきれいにして、重要なメールをきちんと処理できる状態にしましょう。

そうすれば、面倒な仕事を後回しにせず片付けられるようになります。

Gmailなら、「is:starred」と付けて検索すると、すっかり忘れていたスター付きメールを見つけられます。「is:important」を付けると重要とされたメール、「is:unread」を付けると未読メールが探せます。

この際、一度すべてのメールを既読にして、最初から処理し直すというやり方もありです。ほかにも、あれや、それや、これや、いろいろな方法があります。

ウェブサイトに与えた許可を見直そう

xx04
アクセスしたウェブサイトが裏で何をしているかご存じ?
Image: Gizmodo US

慌ただしい状況で確認を求められたため、ありとあらゆる権限を許可してしまったウェブサイトがいくつかあるでしょう。

たとえば、クッキーやマイク、位置情報などに対するアクセス権限を、丸ごと渡していませんか。そうした許可設定を見直し、毎日アクセスするウェブサイトから権限と(多少のプライバシー)を取り戻しましょう。

GoogleのChromeだと、

「設定」>「プライバシーとセキュリティ」>「サイトの設定」からできますし、ほかのブラウザにも同様のメニューがあります。

ソフトウェアをアップデートする

忙しさにかまけてソフトウェアのアップデートなど完全に無視してしまいがちですが、デバイスのOSを最新バージョンに保つことは、セキュリティ確保とプライバシー保護の観点からとても大切です。

そして、バグ修正のおまけも付きます。アプリのアップデートも重要です。

PCとスマホのアップデートを済ませたら、家で使っているほかのスマートデバイスも確認しましょう。可能であれば、ルーターのアップデートも。

体もしっかり動かそう

xx05
ワークアウトの進捗は?
Image: Gizmodo US

手持ち無沙汰なら、この数日間や数週間に体をどの程度動かしたか、アクティビティのデータを確認してみましょう。

さらにやる気が出てきたら、データを別のアプリやサービスへエクスポートし、活動パターンを調べてみるのもよいですね。今後のワークアウトプランを決めるのに役立ちます。

継続するサブスク契約を絞る

役に立つサブスクリプションサービスがあるからといって、契約中のサービスをすべて活用できていますか。さあ、本当に必要なサービスだけに絞りましょう。

お金を払っているサービスを見つけるには、Androidなら、Googleの「Playストア」アプリのメニューから「定期購入」を開きます。

「設定」アプリで一番上にあるユーザー名をタップし、「サブスクリプション」を開きます。銀行口座やクレジットカードの明細で確認してもよいでしょう。

苦しいとき借金を回避するためにできる7つのマネーハック

2要素認証を有効に

xx06
2要素認証で常に安心
Image: Google

とても簡単にセキュリティを確保できるベストな方法があるのに、多くの人が見ないふりをしています。

無視するのを止めて、2要素認証(2FA)を有効化しましょう

対応しているアカウント、Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)、Google、Apple、Microsoft(マイクロソフト)、Dropbox(ドロップボックス)などなど、すべてで有効にすることをオススメします。

今までは対応していなかったのに、いつの間にか2FAが使えるようになったアカウントもあるかもしれません。

念のため、使用頻度の高いアカウントが2FA対応になっていないか確認してみましょう。

あわせて読みたい

Twitterアカウントに2要素認証を設定する方法|電話番号は登録不要になりました

Googleの調査で判明した「最強のセキュリティ対策」

macOSのセキュリティを最大限に高める7つの施策


David Nield - Gizmodo US[原文

ギズモードジャパンより転載(2020.04.12 公開記事)

佐藤信彦/Word Connection JAPAN

swiper-button-prev
swiper-button-next